■FC2カウンター

おいでまし~

■プロフィール

たまの猫

Author:たまの猫
ようこそいらっしゃいました。
4匹(+1匹)の猫の大家です。
無意味なエロコメ、エロバは
問答無用で削除します。
あしからず

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ検索

■フリーエリア
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキングへ

ポチっと希望の光を

■アクセス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ショートの神様
暑い日が続いてますね。
我家の猫たちは、身体をこれでもかって、のばして床に張り付いてます。
冬は、あれだけ、丸くなって小さかったのに、
もしかして冬と夏とじゃ身体のサイズが、変わるのでしょうか?・・・^-^

では、本題へ

【今日の一冊】★★★小説(ショートとノンフィクション)
20060603021621.jpg ちび隠居からのオススメじゃ

今日はショートの神様、星新一氏の二冊をオススメするかの
まずは、ショートの真骨頂きまぐれロボットからじゃ

この本の話は、博士とロボットが中心の出来事と幾つかのショートを
織り交ぜて出来ておるんじゃ
内容はというと、すべて3・4ページ程度のもので
言ってしまうと、つまらんようになるもんでな・・・ここは控えるとしよう
これだけは言うがオチは『う~ん』『くす』『うまい』と言う具合でどれも面白いぞ
ほんの10分20分電車だと1駅2駅位で読めるんじゃなかろうか
読んで損にはならんぞ、ぜひ一読あれ

星氏のもう一冊人民は弱し 官吏は強しをオススメするぞ
御仁には珍しくノンフィクションの長編じゃ

製薬会社のお父上が、いかに官吏と闘ったか
当時の官吏の理不尽な事をどう覆したのか、履がえようとしたのか
孤軍奮闘しておる描写が実にうまい
御仁ならではのユーモア交え、お父上の無念さ、憤りも良く描かれておるんじゃ
そうこうしてる内に何時の間にか読み手は一気に引き込まれていくぞ
星マジックのなせる技かのう

後に、御仁は『私が会社を潰しちゃいましたよ』と冗談交じりで言っておられたが
吹っ切れたから、この話を書いたのか、
この話を書いたから、吹っ切れたのかは分らんが、
この本を読んでおると、そこに至るまでの御仁の並々ならぬ思いが
『ひしひし』と伝わってくるんじゃな
しかしながら上手い長編が書けるからこそ、
人を唸らせるショートが書けるんじゃなと
改めて、そう思わせてくれる一冊じゃ

最後に文章を少しでも書いたものや、触れたものは
いかに話を簡潔にまとめて、伝える事が難しいかが分るじゃろう
この御仁は、短い中に始まりがあって、終わりもあり、オチまで堪能させる
なんて事を、見事にやってのけたんじゃのう
まるで、ぎゅと絞った一雫のエキスのように、どれも、しっかりした話なんじゃ

しかし残念な事に1001以上の作品を生み出して
かれこれ9年前に人生の幕を閉じられたんじゃな
新作を読めないのは、ちと淋しい思いじゃが致し方ない

ご冥福をお祈りしよう

4041303184.01._SL100_SCTZZZZZZZ_.jpg きまぐれロボット

4101098166.01._SL100_SCTZZZZZZZ_.jpg 人民は弱し 官吏は強し
スポンサーサイト


テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

小説*** | 11:10:00 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
こんにちは
星さんはこんな本も出してるんですね。
ちょっと興味がわきました。
欲しい本リストに入れておきます(^▽^)
2006-07-16 日 15:26:59 | URL | シン@偽哲学者 [編集]
おいでまし~
シンさん、おいでませ~
星さんのいつものショートから見ると
超長編の大作ですよ。
私も、ずーと昔に読みましたけど、
一気に読んで、ほろって感動したのは憶えてます。
これは良いです。お勧めですよ。v-290
2006-07-16 日 19:37:49 | URL | たまの猫 [編集]
こんばんは
感動ものなんですか?
官僚や政治の批判本のように思っていました^^;
まぁ感動ものも好きなんですけどね☆
たまの猫さんオススメということなので
欲しい本リストの上位に移動させます♪
2006-07-17 月 02:33:37 | URL | シン@偽哲学者 [編集]
いらっしゃいまし~
シンさん、おいでませ~
>官僚や政治の批判本のように思っていました
強く批判してるって感じは受けませんでしたけど、
私は、ありのまま淡々と綴られてるイメージの方が強いですよ。
押し付けがましくないので、逆にじわーって私はなるんですけど
でも、読み手によって変わりますね^^
>まぁ感動ものも好きなんですけどね☆
ひねくれてる割には、涙腺弱いのか
意外なとこでホロってくるんです。
泣かすぞーっていうものは、意図にはまるの嫌で
ついつい避け気味です。
それでも、今日は思いっきり泣くぞッて覚悟して
観たり読んだりするものが逆に意図が見え隠れして、
白ける事もしばしば
きっと意外性に弱いんです。
なんせ、ギャグアニメの天才バカボンで、泣けますんで
感動ポイントが人と違うかも・・・
だから感動ものって読まれるとがっかりなんてことに
・・・真っ白状態で読んでみてくださいな
2006-07-17 月 13:24:39 | URL | たまの猫 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。