■FC2カウンター

おいでまし~

■プロフィール

たまの猫

Author:たまの猫
ようこそいらっしゃいました。
4匹(+1匹)の猫の大家です。
無意味なエロコメ、エロバは
問答無用で削除します。
あしからず

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ検索

■フリーエリア
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキングへ

ポチっと希望の光を

■アクセス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
腐ってる
【教育関係は腐敗の温床?】

昨年は散々怒ってましたから
年の初めぐらいは穏やかなエントリーで始めようかなって思ってた矢先
とんでもない記事が目にとまりやっぱ年初めから怒らせてもらいます。

学研さんなんて事をしてくれたんですか!
まずはこちら(産経)

チャイナリスクが問題になってるのは昨日今日のことじゃないと思いますが・・・
お隣の大陸国家は民主主義国じゃなく共産主義国だってお忘れ?
何をするにもあちらの政府から圧力がかかるのは当たり前です。
それに今台湾は総統選も控えて緊迫してる状態ですのに
摩擦、亀裂の種をわざわざ投下するなんて何がしたいんでしょうね。
そんな分かりきった事を知らずにやってるとは到底思えないんですけど
もし確信的に全て承知の上なら性質が悪いです。
釈明もお粗末な事
予約が入ってるからやむなくですと
消費者に責任転換するなんぞただ、ただ見苦しい!
ある程度世の中に認知されてる企業なら
事前に重大な欠陥が分かれば予約が入ってようが売りませんから
見え透いたあと付けの言い訳はしないで頂きたいですわ

学研ってもともとこんな浅はかな理念の企業だったのか
それとも、何時の頃からか中国様の御用達になったのかは知りませんが
子どもたちの学習意欲向上のために
力を注いでると思ってましたけど自社の利益のためなら、
事実や教育なんぞどうでもいいって思ってるのだけは分かりました。
何にせよこれからも事実かどうか分からない事でも
言われるがままにしてしまうのなら国内で教材を売る資格無しです。
いっそのこと日本から撤退して、中国で中国人を相手に
思う存分商売を励まれては如何でしょう?

ついでに中国つながりで福田さんの曖昧さについて
詳しくはこちら(産経)

曖昧な言い回しが意図して誤訳されるって分かってるんかしら
あの国は少しでも隙あらばどんどん広げて利用します。
隙だらけの福田さんは、あちらにとっては良い宣伝マンになってるようですね。
しかし、福田さんの日頃の言動から誤訳が
あながち間違ってないような気もするんですが・・・
こんな一介のおばさんにさえ↑こう思わせてしまう
危うい人を何時までも代表に据えてるのはとても不安です。
あちらこちらに傷口を広げないうちに早々に辞めて貰いたいですわ

もう一つ最後に・・・
台湾は日本同様海洋国家です。
同じ海域を守る利害も一致してますし
しかも日本の事を大事に思ってくれるよき隣人です。
願わくば
何かにつけて架空請求、恫喝、謂れのないことで足を引っ張り続け
反日を生きがいにしてる国と手を切り台湾と国交回復して強固にする方が
日本のためにはどんだけいいか・・・

追記
学研の他にも似たような事があちらこちらで起ってます。
詳しくはこちら(産経)

怒りは↑で散々書きましたから多くは言いませんが、
経営者の皆さん、もう少し考えてくださいませ。
スポンサーサイト


テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

思う事:世相 | 14:30:17 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
やれやれ
こりゃひどい話ですね。
学研の不買運動でもするか・・・って、
もともと学研の製品なんか買ってないから意味ないか。

>反日を生きがいにしてる国と手を切り台湾と国交回復して強固にする方が
>日本のためにはどんだけいいか・・・
私も同じような感想を持っていますが。

経済的にも地政学的にも中国と手を切るのは非現実的でしょうね。
でも、もっと喧嘩をしてもいいような気がしますが。
ただし、喧嘩をしようとすると財界をはじめとしていろんなところから
相当の圧力がかかると思います。
いまや日本経済は中国なしでは成り立ちませんからね。
学研ほどではないけれど中国に媚びている企業はたくさんあると思います。
うちの会社も「媚びている」まで行ってるかどうかは別として
中国とは仲良くしようとしていますし。
2008-01-11 金 03:59:29 | URL | じっちゃん [編集]
(´∧`)じっちゃんさん
おいでませ。
>経済的にも地政学的にも中国と手を切るのは非現実的でしょうね。
中小から大企業まで依存しあってる現状では、
じっちゃんさんの言われる通りですね。
ただ、日本は人材が資源なんですから
教育関連の企業はもう少し気をつけて欲しいです。

そうは言ってもすでに
実際は教科書にしても水面下では圧力がかかってるんでしょうけど、
しかし教育関連企業で
あからさまに圧力がかかったって表に出たのは初めて?
じゃないでしょうか・・・
もし、学研が意図して表面化させたのなら
凄いって言えますけど、まさかそんな冒険はしませんよね。

>もっと喧嘩をしてもいいような気がしますが。
まったく同感です。
中国の言い分を丸呑みすればするほど、とどんどん侵食して
弱いと分かるととことんつけ込んできます。
それが良いか悪いかって問題じゃなく
そう言う価値観の国ですから
中国と付き合うのならこっちが、中国相手にビシバシいえる位に
変わらないと大火傷どころか丸やけになってしまいます。

だからこそ
民間企業の後押しが出来る位に
物申せる強い政府になってもらいませんとね。

政府間交渉の際
事務方から積み上げてきて
後は大臣レベルで合意する段階の時に
中国側が気に入らないきまってゴネだし、
何時も日本側から『何処が?』と
結局は日本が丸のみ譲歩する形になるんだそうですね。
日本は中国側の思惑にまんまと嵌るのが定番らしいです。

それが平沼さんが確か経産相の時だったでしょうか
(うる憶えで時期が、何時だったか定かじゃないですが・・・)
最終でごねた時に『では、最初からしましょう』とすかさず
席をたったところ、中国側が驚きあわてて『まあまあ』となり
上手く行ったって事を聞きた事があります。
もともと中国側は理屈に合わないゴネって承知の上ですから
嵌ってくれれば、しめしめなんですね。
・・・けど合意できないと困るのは中国側だって
事を認識を強く持って毅然としてもらいたいもんです。

・・・という事で中国側に気に入られる首相じゃ駄目ですわ。
中国側に厄介、手強いって思われるようになってからがスタートです。
現状はスタートラインすら立てないんじゃないかと

中国の兵法書の六韜(りくとう)で
「交渉の為に隣国から使者が来て、
もしその者が有能ならば何一つ与えず返せ。
交渉の為に隣国から使者が来て、
もしその者が無能ならば大いに与え、歓待せよ。
そうすれば、隣国では無能な者が重用され、有能な者が失脚する。
そしてやがては滅ぶ」

↑今はまさに後半の状況じゃないかと
最後の一節の滅ぶにはなりたくないですよ。
もう少し危機的意識を個々が持ってくれるといいんですが・・・

あ・そうそう中国とは、警戒しながら付き合っていくとしても
中国のお隣たちとは正直国レベルでは縁を切りたいです。
(但し北の方は諸問題が片付いた後にですけど・・・)
付き合いたい人は他人に迷惑をかけず民間交流を好きなだけ
やってくださいな・・・と言いたいですわ
2008-01-11 金 10:14:37 | URL | たまの猫 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。