■FC2カウンター

おいでまし~

■プロフィール

たまの猫

Author:たまの猫
ようこそいらっしゃいました。
4匹(+1匹)の猫の大家です。
無意味なエロコメ、エロバは
問答無用で削除します。
あしからず

■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ検索

■フリーエリア
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキングへ

ポチっと希望の光を

■アクセス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
未来に向けて
【教育再生に向けて】

遅まきながら、まずは先ごろ話題になった10億円を寄付した人について
詳しくはこちら(iza)

実名を公表し堂々とした姿は天晴れです。
よからぬ所から反発ややっかみもあるでしょうから相当な覚悟がないと出来ません。
それでも横溝さんは個人情報をさらす事で
少しでも意に沿って実行されるように苦渋の選択だったのだとお察しします。
それに匿名で条件もなしだと意に反したものに使われる可能性もあり
意義もなくなりますから・・・
それなら基金を作ってご自分で運営する方法もあるでしょうが
そうなるとノウハウがない素人じゃなかなか難しいです。
とんでもない輩が近寄ってこないとも限りませんし
それよりは枠組みをすでに持ってる公共機関に任せるのは
手堅い選択だと思います。

取材記事を読ませて頂いて勝手に思ったことですが
横溝さんは子どもたちの行く末を案じ現状を憂いた結果の行為であって
善だの偽善だの言われる事に困惑されてるんじゃないかと
まっ、そうは言ってもなかなか出来る事じゃありません。潔いです。

それにしても、公表すると必ずたかってくる人が居るんですねぇ~
中には家にまで押しかけていきなり助けてくださいと厚顔無恥な人も居るようで
他にも資産家は沢山いますけどあちらこちらに助けを求めて行ってるんでしょうか
それとも寄付するぐらいだから助けるのが当たり前だとも思ってるのかしら
自分のお金と勘違いしてるのか混同も甚だしいです。
これを人の弱みに付け込むって言うんですけど・・・

しかし横溝さんの対応はお見事です。
「私は人間の基礎づくりをしようとしているのです。
人生の“結果”にはかかわりません」と受け付けなかった。(記事より抜粋)

縁もゆかりもない見も知らぬ人の所に金の無心をするような
非常識な人を増やさないためにも
これからを担っていく子供たちにしっかり基礎を教えるのは
至極真っ当なお考えです。
他にも活動されてるようですがお体に気をつけてこれからも頑張って頂きたいです。
無力ながら賛同させてもらってます。

教育関連でもう一つ現代に寺子屋を・・・について
詳しくはこちら(産経)

福岡県久留米市の水天宮保育園では今年の4月から偉人伝を語り聞かせる
寺子屋授業を取り入れたそうで
その結果最初は10分も集中力が持たなかった園児も次第に30分間
集中力が途切れることなくきちんと正座をし背筋を伸ばして
話を聞けるようになったそうです。
当然園児達の日常の行動も変わってきますね。
幼いながらいいと思うものは肌で感じ吸収してる様子が記事から伝わってきます。
実際の人物を紹介し道徳観、倫理観を織り交ぜながら聞かせるのは
いい方法だと思います。
長い歴史を持つ日本には手本となる人はたくさん居ますから
そう偉人が尽きる事はないでしょう。

その一方では学童保育に携わってる友人が年々入ってくる子供たちが猿以下に
なって手がつけれない、少しでも注意をしようものならクレーマーな親が
理不尽な要求をしてくると嘆いてました。
また逆に保育園に通わしてる友人曰く叱って欲しい時に先生は親の顔色を伺って
叱りもしないのは困ると聞きます。
どちらも履き違えた多大な人権を大人が
子供に押し付けてるのが要因だと思います。
大人たちの何処からか横槍が入った時に対峙し向き合う自信のなさが
結局子供に反映させてるのでしょう。

子供たちにとって生きる力が備わるのは前者か後者か一目瞭然です。
全国に寺子屋授業を広めようとされてるようですので期待してます。
こうやって民間の力も借りながら公立の先生方も子どもたちのために
熱意ある指導をぜひ頑張って頂きたいものです。
親の方は誤った世論と称するものに惑わされず、厳しく躾る自信や
大事なお子さんの教育や躾の一端を担ってもらう先生方に敬意を払って
お任せしますで謙虚になることも必要でしょう
その前に尊敬に値しないやる気のない人や偏った人は公立に必要ないですから
とっとと辞めてもらわないといけませんが・・・

三つ子の魂100までと言うように幼い時に形成されたものは後まで響きます。
出来上がったものを再構築するのは容易ではありません。
分別もつかない子供のうちに躾るのと、すき放題にさせた挙句に大人になってから
再構築させるのとどちらがいいか言うまでもないですね。

寺子屋授業について詳しくはこちら(寺子屋モデルHP)
スポンサーサイト


テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

思う事:育成 | 12:59:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。