■FC2カウンター

おいでまし~

■プロフィール

たまの猫

Author:たまの猫
ようこそいらっしゃいました。
4匹(+1匹)の猫の大家です。
無意味なエロコメ、エロバは
問答無用で削除します。
あしからず

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ検索

■フリーエリア
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキングへ

ポチっと希望の光を

■アクセス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
庶民の味方
【探せばあるもんだ】

こんな所に宝の山が・・・!

詳しくはこちら

今までは松茸と言えば国産以外だと
食に関しては極めて危険なあの国や
問題外のあの国産が店頭に並んでましたけど
今年は様変わりしてる模様です。
すでに先行しているスウェーデン産は国産とほぼ同じ
DNDを持っていて価格は国産の5分の1の安さだそうです。
庶民にとってはありがたや~ですわ

スウェーデン以外の北欧でもこれはって事で
わんさか採れるフィンランドも参入してくるようです。
食の習慣のないフィンランドでは今まで見向きもされず
放置されてたんですって、う~ん。勿体無い
フィンランドではコレって食べれるのってぐらいの物だったんですねぇ~
しか~し気付いたのか、気付かされたのか
日本では、こんなものが高値でやり取りされていて
ありがたがられてるって分かって
こりゃあ売り込まねばってな具合ですね。

一般庶民としても
値段も手頃、品質も良いとなれば言う事なし、ぜひ買わせて貰わないと
但し安い安いといってもやっぱり天下の松茸ですから
当然財布と相談しますけど・・・^^;

これでもぉ~、ご飯の中で松茸を探すご飯松茸じゃなくて
松茸の中でご飯粒を探す松茸ご飯も夢じゃないかも・・・
今年の秋は正真正銘の松茸ご飯を満喫出来るかもしれないです。^^¥
スポンサーサイト


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

思う事:雑話 | 10:00:03 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
No title
こ、これはグッドニュースですね。
中国産が嫌われて、そのおかげで価格が高騰していましたからね。
そうかあ、松茸なんか見向きもしない国もあるんだ。
あっちはトリュフなんですかね。
「いくら」も食べるのは日本くらいしかないらしいですからね。
以前はサケ漁大国のロシアもいくらはぼんぼん海に捨ててたそうですから。

ふ~ん、たまの猫さんおっしゃるように、あるところにはあるんですね。
「捨てられる神あれば拾われる神あり」ってところですかね。

じゃあ、今年は北欧製松茸をがんがん食べるか。

※「北欧製」て品質もよさそうで語感がいいですね。あの国の製品と違って。
2007-09-30 日 18:20:25 | URL | じっちゃん [編集]
(^∇^)じっちゃんさん
おいでまし~
>こ、これはグッドニュースですね。
そうでござんしょ♪
国産はとても手が出ない
うちのような末端庶民にとって有り難い話です。
今まではスーパーで見かける物はあの国やあの国産ばかり
価格もそんなに安くないですし
胡散臭いは、高いはではとても手にとる事は出来ませんでしたわ~
でも、これで選択肢も増えますし
スウェーデン産フィンランド産どっちでもOK
レベルが高い選択になりそうです。^^¥
2007-10-01 月 08:13:17 | URL | たまの猫 [編集]
No title
私の家でも今年は松茸ごはんに出会えるのでしょうか?(^^;)
こちらではまだ「北欧産」にお会いしてないような気が。。。
是非一度対面してみたいです!
2007-10-08 月 16:41:31 | URL | wind [編集]
(^∇^)Windさん
おいでまし~
>こちらではまだ「北欧産」にお会いしてないような気が。。。
私もスーパーに行くと注意してみてるんですが
まだお目にかかってないんですよ。
全国的に供給されるのは、まだまだ当分先かもしれんですね。
気分は”早くこいこい北欧さ~ん♪”ですわ^^
2007-10-08 月 21:01:01 | URL | たまの猫 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。