■FC2カウンター

おいでまし~

■プロフィール

たまの猫

Author:たまの猫
ようこそいらっしゃいました。
4匹(+1匹)の猫の大家です。
無意味なエロコメ、エロバは
問答無用で削除します。
あしからず

■カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ検索

■フリーエリア
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキングへ

ポチっと希望の光を

■アクセス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
未知への旅
【今日の一冊】★★★コミック(SF・・・家族)
20070516105615.jpg たま店長ですの

今日は岡崎二郎さんの宇宙家族ノベヤマ(1~)にしますわ
1960年人類は宇宙電波を探し始めましたの
果てしない時を費やす作業だと思ってましたのに
それは、意外と直ぐに見つかりましたわ
その電波は銀河宇宙のあちらこちらで発信されてるようですの
人類は直ちに解読にかかり半世紀を経てやっと解読に成功しましたわ
そこには『この宇宙はDNAで満ちている』の一文から始まり
宇宙電波を受け取った者へのやるべき事が示されていましたの
それは一定レベルに達した時にこの宇宙電波を宇宙に向けて発信し
銀河宇宙にその存在を知らせる事
そして指定したDNAの持ち主をメッセンジャーとして搭乗させ
銀河宇宙に向けて踏み出す事
そのために必要な無数に存在する
スターゲートの位置や通過するための方法が添付されてましたの
日本も資格を持つ者を5年の月日をかけ
宇宙船『斑鳩』(イカルガ)に搭乗させるべきメッセンジャーを探しましたわ
そして選ばれたのが野辺山家の8歳の翔太でしたの
ごく普通に暮らしてた野辺山家には青天の霹靂ですわね。
当然幼い子を一人で行かす訳にもいきませんし・・・
仕事人間の野辺山家の主人雄一は悩みましたわ
ようやく長年の功績を認められ出世を約束された矢先ですのにねぇ~
そして、出した答えは自分は残る事に
しかし、翔太の『行くのは自分ひとりでもいいよ』・・・と健気な寂しげな言葉を
聞いて、たった8歳の息子にこう言わせしまった
自分に情けなさを感じてしまいますわ
今まで仕事一筋で家族の事を省みなかった事に改めて気がつきますの
そして雄一は
嫌がる反抗期の長女も強引に誘い家族全員で宇宙に行く事を決意しましたの
さあ~これから地球外生物との未知なる接触の旅が始まりますわ~

人類より遥かに高度な文明を持つ生命体たちに触れてみては如何?

21KB2AGWVVL._SL100_SCTZZZZZZZ_.jpg
宇宙家族ノベヤマ(1)・・・

 プチっと希望の光を・・・
スポンサーサイト


テーマ:まんが - ジャンル:本・雑誌

コミック・・・・・・(SF) | 09:40:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。