■FC2カウンター

おいでまし~

■プロフィール

たまの猫

Author:たまの猫
ようこそいらっしゃいました。
4匹(+1匹)の猫の大家です。
無意味なエロコメ、エロバは
問答無用で削除します。
あしからず

■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ検索

■フリーエリア
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキングへ

ポチっと希望の光を

■アクセス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
刺激すぎ~
【今日の一冊】★★★コミック(怪奇・・・スプラッタ)
20070207100611.jpg とらが紹介するよ。

今日は楳図かずおさんの神の左手悪魔の右手(全4)にしようかね。
数話完結の構成になっていて
特に1巻に収録されて話はかなりエグイ
気持ち悪さにかけては天下一品の楳図ワールド炸裂だねぇ~
いきなり目から鋏が突き出てくるわで『う・ゲゲー』って
初っ端からとばしてくれるよ。
まっ、それは想が見た夢だけどね。

幼い想は夜な夜な変な夢を見たり、時には亡霊を見たり
異様なものを感じとる事の出来る少年だよ。
ある晩、想と想の姉の泉と泉の友人数人が
増水によって流されてきた地下室を見に行く事に
恐る恐るついて来た想は悪い予感がして皆を止めたのに
泉達は聞きゃあしない。
そしてついに禁忌の場所に足を踏み入れてしまったんだ。
泉はそこで錆びた鋏を見つけるんだ。
肝心の地下室自体はなんてことなかったんだね。
只、想には変なものが見えてたようだけど・・・
その事を訴えても泉達は取り合っちゃあくれない。
それからと言うもの想の夢はますますヒートアップ
どうやら泉がこっそり持ち帰った錆びた鋏が関係してるようだよ。
そんな中若くて見栄えがいい先生が泉の学校に赴任してきたんだ。
想の夢の中ではその先生と錆びた鋏が出てくるようになり
怯える日が続くんだね。
そんな中泉が学校で突然口から大量の泥を吐き出すんだ。
そりゃもう、尋常じゃないくらいに
すぐさま病院へ連れて行かれるんだけど
泥の次はドクロや骨を次々吐き出し
ここから怒涛のスプラッタ状態に・・・
まさに想の夢が現実になっていくんだねぇ
さあ、泉はどうなる・・・?
錆びた鋏にはいったい何が隠されてるのか・・・?

とてもカラーに出来ない楳図かずおの世界を存分に楽しめるんだねぇ。
但し心臓の弱い方にはオススメ出来ないから
決して読まないでおくれよ~

118BW756VXL._SL100_SCTZZZZZZZ_.jpg
神の左手悪魔の右手 [文庫版:コミックセット]

 プチっと希望の光を・・・
スポンサーサイト


テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

コミック(奇妙・怪奇) | 11:11:57 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
実はこの作品前から古本屋で見かけては買おうかどうしようか迷っていた本なんですよね。
ただえぐいだけでなく、ストーリー的に「次はどうなるんだろう」というわくわくするような面白さはあるんでしょうか?
2007-04-28 土 04:23:31 | URL | じっちゃん [編集]
(^∇^)じっちゃんさん
おいでませ。
>ただえぐいだけでなく、ストーリー的に・・・
一巻目のストーリはサイコホラー的要素も絡めてあって
ワクワク感パッチリです。
単行本の一巻って結構厚いですから
なかなか読み応え十分です。

二巻目以降は、一巻目と比べてストーリー的には弱いかも
それに主人公のアレって結局なに?
って少し疑問も残すところもありますし
ラスト付近も足早に終わったように感じます。
もう少し長くても良かったと思いますけど
途中で打ち切られたんでしょうか。
2007-04-28 土 12:10:32 | URL | たまの猫 [編集]
古本市場にあったので第1巻だけ買いました。ついでに『私は真吾』もね。
2007-04-29 日 08:13:19 | URL | じっちゃん [編集]
(^∇^)じっちゃんさん
おいでまし~
ご返事に単行本って書いちゃいましたけど
文庫本の間違いでした。すんません。_(_^_;)_
買われたのが文庫版ならいいんですが・・・
単行本は文庫本より薄いですから
ひとシリーズの話が1巻で終わらないと思いますので
ご注意くださいませ。

>ついでに『私は真吾』もね。
コレもありまっせ。^^b
気が向いたらそのうちレビューしようかと・・
2007-04-29 日 14:53:18 | URL | たまの猫 [編集]
たまの猫さん、ご心配なく。文庫本ですよ。
古本屋で見かけたとき文庫版があるのは知ってましたし、
文庫版と単行本版があるときは迷わず文庫版を選びますから。
2007-04-29 日 18:08:53 | URL | じっちゃん [編集]
(^∇^)じっちゃんさん
おいでまし~
>ご心配なく。文庫本ですよ。
それは良かった。ホッです。
では、では手にされたら、存分にお楽しみくださいませ。^^¥
2007-04-30 月 08:50:21 | URL | たまの猫 [編集]
こんばんは
ずっと気になってはいる作品なのですがまだ未読だったりします。
なかなかグロそうな評価なのでここはいっちょう購入したいと思います^^
2007-05-01 火 20:26:45 | URL | シン@偽哲学者 [編集]
(^ー^)シンさん
おいでませ。
期待を裏切らないグロさですよ~^^¥

ラストの巻は少し物足りなさも感じますけど
ホラー好きのシンもきっと気に入ると思います。
2007-05-02 水 15:01:43 | URL | たまの猫 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。