■FC2カウンター

おいでまし~

■プロフィール

たまの猫

Author:たまの猫
ようこそいらっしゃいました。
4匹(+1匹)の猫の大家です。
無意味なエロコメ、エロバは
問答無用で削除します。
あしからず

■カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ検索

■フリーエリア
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキングへ

ポチっと希望の光を

■アクセス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
時穴の向こう
【今日の一冊】★★★小説(SF・・・時間物)
20070207100651.jpg ちび隠居からのオススメじゃ

今日は半村良氏のおよね平吉時穴道行にしようかの
実在した江戸期戯作者山東京伝やその妹黒鳶式部らを
絡めた時代越えの話じゃ
この本自体は短編集で他7編が収録されておるぞ。 

主人公は終始『私』の一人称で書かれておるんじゃ
まぁ、主人公と言うより語り部の進行役な感じかのう
『私』はひょんなことから山東京伝に興味を持って
京伝の事を調べていくうちに益々惹かれて行くんじゃ
同時に馬琴嫌いになっていくおまけつきじゃがな。
京伝びいきも周知されるようになった頃
思わぬところから、幸運な事が舞い込んできたのう
それは、親類の荒物商を営む田島老人が
山中に居を構えるため古くからの地所を処分しようと
色々と整理しておると京伝にまつわる文書がたくさん出てきたから
それを『私』に譲ると言う事じゃった。
この有りがたい申し出に早速貰い受けに行ったのう
それは京伝好きには喉から手が出るぐらい貴重な物から
側近の他愛もない日々を綴った日記と様々なものじゃ。
その中の『大富丁平吉』が書いた日記が妙に気になったんじゃ
稚拙ながらありのままの心情を綴った文章に妙に惹かれてのう
平吉はその中に書かれておる、およねと言う人物に
恋心を抱いておるようじゃ。およねと言うのは京伝の妹黒鳶式部の事らしんじゃが
そのおよねの事、日々の事文字通りの只の日記じゃ
しかし、どうにも気になるのう。
特におよねは病死ではなく神隠しにあったと言うくだりはな。
・・・と話は変わり『私』の本業の方で以前から興味があった
新進スター菊園京子と知り合う事に・・・
京子との会話中に『私』はその場の雰囲気で何気なくある句を詠んだんじゃ。
それを聞いた京子が、すかさず『私』の句じゃないことを指摘したのう
何故京子には分ったんじゃろうか?
それは世に出ているはずもない素人の平吉の句じゃのに・・・

SF色はあまり強くないんじゃが
江戸の風流さは十分感じれるのう。~ぜひ如何かのう

20070329135300.jpg
およね平吉時穴道行

 プチっと希望の光を・・・
スポンサーサイト


テーマ:短編小説 - ジャンル:小説・文学

小説*** | 14:10:58 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
私、これ読んでます。
でも相当昔のことなので内容はまったく覚えてません。
ふ~ん、こういう話だったのか(;^_^A
もういちど読んでみようかな。
2007-03-31 土 05:45:30 | URL | じっちゃん [編集]
(^ー^)じっちゃんさん
おいでませ
短編で話も淡々としてますから、
記憶に残りにくい作品かも・・・

再読されてもじっちゃんさんだと
物足りなく感じるかもしれないですね。^^;
まっ、でも違う発見があるかもしれませんから、
機会があったらまた読んでみて下さいませ。
2007-03-31 土 14:46:21 | URL | たまの猫 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。