■FC2カウンター

おいでまし~

■プロフィール

たまの猫

Author:たまの猫
ようこそいらっしゃいました。
4匹(+1匹)の猫の大家です。
無意味なエロコメ、エロバは
問答無用で削除します。
あしからず

■カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ検索

■フリーエリア
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキングへ

ポチっと希望の光を

■アクセス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
恥の概念
【過保護について】・・・自立

【溶けゆく日本人】シュガー社員 ツケを払うのは会社
「シュガー社員」-。
札幌市の社会保険労務士事務所所長、田北百樹子(ゆきこ)さんは、
過保護に育てられ自立心に乏しい社員をそう呼ぶ。
「甘い=砂糖」の意味を込めたネーミングだ。
きっかけは、労務相談で耳にした人事担当者らの悲鳴だった。
「繁忙期に残業すると、『なぜ残業させるのか』と親から電話がくる。
中小企業では、親が会社に文句をつけてくるのも
驚くべきことではないのかもしれません」  
ある機械販売会社に勤める20代の女性社員は、
あまりに仕事の進みが遅く、ミスも多かったため、
上司から時間の使い方を注意された。
「親にさえ叱(しか)られたことがない」
女性社員は急に怒り出し、翌日から出社しなくなった。
「本人が辞めたいと言っていますので…」。
数日後、会社に電話してきたのは母親だった。
「学校を休むのと勘違いしている」(田北さん)。
結局、本人からは何の挨拶(あいさつ)もなく、
備品の返却や必要な退職手続きは、すべて母親が“代行”した。
その姿は、自立した社会人像とはほど遠い。
こんな事例もある。
~抜粋~                                SankeiWEB

 詳しくはこちら

引用ここまで                                         

ま~あ、なんざんしょ。
知らない間に世の中ここまで来たんかいな!
過保護の親は古今東西何時の時代も居ますが
ちょっと前までは親がやってあげるって言っても
『恥ずかしいから・・・』って自立して行ったもんですけどねぇ~
それが親にお任せって・・・どうやら今時は子供の方も恥ずかしくないようです。
これが世の中の流れとして容認されつつあるんなら
なんとも弱々しい世の中になったもんです。
でも、もしそうであってもまだまだ少数である事を願ってます。

ところでシュガーっ子の親は子供をどうさせたいんでしょう。
まっ、間違いなく自立させる気はさらさら無いように見えますけど・・・
で、一方お子ちゃまの方は知識も経験も乏しいのに
何でも出来るって錯覚しちゃってますよ~・・・きっと
努力も忍耐も責任能力もないのに何でも出来る訳ないつーの。

当然お子ちゃまの親は老いて足腰が立たなくなっても
子供に面倒見てもらおうなんて思ってないですよねぇ~
今すらお子ちゃまは自立もままならない親任せなんだから
これからもこの調子で行くと親を見るなんてとんでもないです。
気がつきゃ、親のすねはもう食べるとこがないぐらい食べ尽くされ
そのうち親自身の自立さえ困難になるかも・・・

まっ、それも大きなお世話で、そうなったらそれも本望でしょう。
存分に『よちよち』で過保護にするのはお好きにどうぞ・・・ただ
社会の和を乱さないように、それだけは教えといて下さいな。

そしてもう一つくれぐれも教師にだけはさせないで欲しいもんです。

 プチっと希望の光を・・・
スポンサーサイト


テーマ:社会人の勉強 - ジャンル:学校・教育

思う事:育成 | 11:08:53 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-03-21 水 13:08:54 | | [編集]
こんばんは^^
過保護ですねぇ・・・
やれやれです。
ただまぁ中には酷い会社もあるそうですしねぇ。
なんともかんともな世の中になったものです。
どうやったら改善できるかなぁ。
2007-03-21 水 19:36:24 | URL | シン@偽哲学者 [編集]
う~~~ん・・・
切実な問題ですね。
子供をペットとして扱う親が増えてきているのですね。
子供が親離れ出来ないのではなくて、親が親離れをさせないのではと思います。
子供に、何でもかんでもしてあげることが愛情だと勘違いしてますよね。
ほとんどの場合、親は子供より早く亡くなります。
その時に困らない様にしてあげるのが親の務めだと思います。

コック時代に、調理師専門学校を出たばかりの若者が入ってきましたが、3日後に両親が訪ねてこられ、「うちの子だけ夕方の5時までの勤務にして下さい。」と言われました。
理由を聞くと、「長時間では子供が可哀想・・・」とのこと。
目が点になりました。
「レストラン勤務は長時間が当たり前です。○○君だけ特別扱いする訳にはいきません。」と答えると、「うちの子は調理師学校をトップで卒業したんですよ。希望を叶えて貰えないなら、うちの子はこの店を辞めさせますよ。そうなったら困るのはお宅のお店でしょう?」との答えが返って来ました。
調理師学校は、基本的な料理方法と知識を教えてくれる所です。
それも大切ですが、もっと大切なのは経験から来る知恵です。
おなじ食材を使っても、サイズの大小で火の入れ方など、調理方法を変えなければいけません。
それが解る様になるには、何度も何度も失敗して、その失敗の中からより良い方法を学びだす。
それが知恵だと思います。
僕の師匠が、「お前達には失敗する権利がある。その失敗から何かを学び取れ。失敗を無駄にするな。」と言われていました。
子供に、学ぶチャンスである失敗をさせない親が増えているのでしょうね。
長くなってすみませんでした・・・

2007-03-21 水 22:09:19 | URL | はまぴー [編集]
(´∧`)シンさん
おいでませ
>どうやったら改善できるかなぁ。
ホントどうすれば・・・
過保護の親に言っても聞く耳があるとは思えないし
子供の方が『世の中そんなに甘くない』を
実感するしかないんでしょうね。
それが分るまでは人を指導する立場には
なってもらいたくないですね。
特に学校の先生とかには・・・
2007-03-22 木 08:23:38 | URL | たまの猫 [編集]
(´∧`)はまぴーさん
おいでませ
>長くなってすみませんでした・・・
お気になさらず、思ったことはぶつけっちゃって下さいまし~

>子供をペットとして扱う親が増えてきているのですね
私も身近でそう言う親子に合う事がないですから
ピンとこないんですが、昨今じわじわ増えてるみたいですね。

>その時に困らない様にしてあげるのが親の務めだと思います。
仰る通ですよ。
ペットなら寿命も短いですし甘やかすのも限度がありますけど
人は社会と繋がってますから
大袈裟でしょうけど野生動物を保護して
野に放す位のつもり育てないと
後々困る思いをするのは大事な大事なお子さんですのにね。

>調理師専門学校を出たばかりの若者が・・・
なんて傲慢な親御さん
トップで卒業しようが実社会に入ったら一からだと言うことが
分らないんでしょうか・・・
もし子供が天狗になって勘違いしてるんなら、
諌めないといけないのは親なのに
うちの子は凄い・・・はないでしょうに
経験も知恵も無い傲慢な若造を何処が使いますかねぇ~
その若者も何処かで甘かったって気付くと良いんですが

>僕の師匠が、「お前達には失敗する権利がある。・・・
いい事を仰るお師匠さんですね。
その若者も、はまぴーさんのようにいいお師匠さんに
めぐり合えたかもしれないのに
そのチャンスも潰してしまった親の責任は大きいですね。
2007-03-22 木 09:02:56 | URL | たまの猫 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。