■FC2カウンター

おいでまし~

■プロフィール

たまの猫

Author:たまの猫
ようこそいらっしゃいました。
4匹(+1匹)の猫の大家です。
無意味なエロコメ、エロバは
問答無用で削除します。
あしからず

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ検索

■フリーエリア
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキングへ

ポチっと希望の光を

■アクセス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
新たな居候
【猫の話】

昨日の続きです。
息子と話し合った結果めでたく我が家の一員になりました。
また居候が増えてしまいました。
只今調子も悪いのと検査やらで動物病院さんに入院中です。
名前はまだ考え中おいおい決めていきたいと思ってます。

~~~ここからちょっと暗くなります。~~~

息子と今回の事話しをしました。

『いくら可哀想で助けたいと思っても、
後先考えずに感情だけで判断しちゃいけない。
そりゃあほっとけないって気持ちは大事にしてやりたい。
でも現実もしっかり見て欲しい
たとえ冷酷と思われ様が嫌な奴と思われ様が
負いきれない責任を持つよりは、
助けてやれないって辛い決断をする方がまだマシ。
どうしようもなくなって途中で投げ出すことのほうが、
よっぽど残酷で無責任!!それじゃ只の偽善者だよ』

本人もその矛盾に凄く悩んでたみたい
今回は結果的には丸く収まりましたけど、
これから難しい決断を迫られる事があるでしょう
その時は悩んで悩んで自分なりの考えを見つけて欲しいものです。
と息子には偉そうに言っても私自身判断しきれない事もしばしば・・・
世の中矛盾だらけでどこで折り合いをつけるかってとっても難しいです。
本とに人を育てるって大変ですね。
スポンサーサイト


ねこ*** | 11:55:48 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
こんばんは
今日のこの内容は素晴らしいですね。
いろんな人に是非とも読んで欲しいと思いましたよ。
世界のあらゆる人、特にマスコミ関係者に読んで欲しいものです。
いつか、この新入りネコちゃんも本紹介してくれるのかな?
ちょっと期待して成長を待っています(^-^)
あと、不思議は少年、もちろん持ってます。
1巻だけですが(^^;
ということで今日も母としての教育姿勢に敬意を示し
ポチポチしておきます。
2006-06-22 木 03:28:31 | URL | シン@偽哲学者 [編集]
いらっしゃいまし~
シンさん、おいでまし~
>今日のこの内容は素晴らしいですね。
こう言っていただける方が居るって事だけで、
書いて良かったって思います。
本当に感謝感謝です。ありがとうございます
>この新入りネコちゃんも本紹介してくれるのかな
ボロちぃデジカメつかってUP頑張ります
もうちょっとお待ちを
2006-06-22 木 13:48:34 | URL | たまの猫 [編集]
居候
偶然にも、今日私も「さらなる居候」というタイトルでブログを書いたばかりでした。
私の場合は庭のウサギのことなのですが・・・(汗)。

新入りの猫ちゃん。たまの猫さんの息子さんに救われて、幸せですね(^^)。
決して偽善にはならないように・・・という「責任」についてのお話を
きちんと息子さんと持たれたことに、心から頭が下がります。
私も子供の頃に、よく捨て猫や捨て犬、果ては親から見捨てられた小鳥や
子ウサギまで家に連れ帰って、そのたびに「命を預かる・育てる責任」について
親から諭されたことを思い出しました。
その事は親に今でも本当に感謝しています(多謝)。

たまの猫さんの愛情と息子さんの優しさ、、そして新入り猫ちゃんの幸運を想って、
心が温かくなりました。ありがとうございます♪
また遊びにきますね(*⌒―⌒*)。


2006-06-24 土 12:43:52 | URL | 風羽 [編集]
いらっしゃいまし~
風羽さん、いらっしいませ~
諭すなんてそんな、たいそうな感じじゃないです。
その時は、感情だしまくり、もう、親として、未熟もんですよ。
息子も何処まで分ったんだか、少しでも響いてくれると、良いんですが

息子も、小さい時は、鳩や、巣から落っこちた雀のヒナなんかも、
拾ってきました。
一応やってはみるものの、鳥類は全滅です。可哀想な事しました。
鳩の時なんか、たま(猫)が入って(こっちがうっかりしてたんですけど)、鳩噛んじゃうし、おまけに、鳩から、菌をもらって、猫の方が死にかけちゃうしで、偉い騒動でした。鳩の方は残念ながらダメでした。
>たまの猫さんの息子さんに救われて、幸せですね
こう言って頂いて有難うございます。
でも、案外猫たちは、『けちくさい、もっと美味しいもんよこせ』なんて
思ってるかも・・・です。
2006-06-24 土 18:00:14 | URL | たまの猫 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。