■FC2カウンター

おいでまし~

■プロフィール

たまの猫

Author:たまの猫
ようこそいらっしゃいました。
4匹(+1匹)の猫の大家です。
無意味なエロコメ、エロバは
問答無用で削除します。
あしからず

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ検索

■フリーエリア
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキングへ

ポチっと希望の光を

■アクセス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
初めてのホラー
【今日の一冊】★★★小説(ホラー)
20061129081300.jpg ちび隠居からのオススメじゃ

今日は筒井康隆氏の初ホラー短編集にしようかの
ミステリーあり、スプラッタあり、風刺物あり、異様な物ありの
実に多種多様じゃ

その中でも2.3紹介するぞ
まずは『鍵』からじゃ
彼は締め切りに追われ出版社に寝泊りし朦朧としながら
やっと書き上げた原稿に満足しウトウトし始めたんじゃが、
出版社の応接室とはいえ部屋全体が
寒々としてやはり熟睡できず飛び起きたのう
そこで彼は以前住んでいた家を思い出したんじゃ
今は郊外に家を建て家族全員そこへ移り住んでおるんじゃが
それ以前は都心の建売を買いそこに住んでおって、
その家も売却せず家具もそのままにしておるから、ここで寝るよりは数段良いと
その家の鍵を見つけるためポケットに手を入れ探しておると、
お目当ての鍵は結局見つからず、それとは別の見覚えのある鍵が出てきたんじゃ
よくよく見ると、それは馴染みのホテルの鍵じゃった
記憶を辿ると彼は都心に着いて早々ホテル向かった事を思い出し
ホテルに寝泊りするつもりが、出版社に缶詰状態で居たもんじゃから
チェックインしたことさえ忘れておったんじゃ
当然2年もほったらかしにしておる家に行くより、
行き届いたホテルの方が良いに決まっとる。
すぐさまホテルに向かい暖かいベットにもぐり込み眠りについたのう
翌朝ホテルに預けておった鞄を受け取り中を引っ掻き回すと
やっぱりと言うべきか以前の家の鍵が出てきたんじゃな。
用を済ませたからには急いで帰る必要もなく
久しぶりにその家へ行ってみる事にしたんじゃ
そこで何気なく机の中を整理しておると、
引出しの一つからまた鍵の束が出てきたんじゃ
いずれも机や箪笥や鞄のための他愛のない小さな鍵じゃったが、
その中にどこか見覚えのある一際目立つ黄色く光る大きな鍵がついておった。
また記憶をたどりその鍵の所在をどうにか思い出し
その場所に行ってみる事にしたんじゃ
そうやって次々手にする鍵によって過去へと導かれて行くんじゃが・・・

鍵の最終目的地は結構長いぞ~
じれったさもあるが、鍵ごとに怪しげな雰囲気を醸し出しておるから
次こそはと思わせる所なんぞ、う~ん。話の運びが上手い!

次に『池猫』じゃ
これは2ページの短い話じゃからそう言えんのじゃが・・・
小学生の主人公が、家で飼ってる猫が子を産むたびに
近くの池へ子猫を放り込むじゃが・・・

その奇妙な結末の光景は想像して夢にまで出てきそうじゃて

もう一つ『死にかた』を紹介するぞ
大きな金棒を持ったオニがとある会社の一室のドアを
金棒で叩き壊して入ってきたんじゃ
そして標的を見つけては金棒を振り上げる
最初の犠牲者は一の瀬次に二谷と・・・

これは、読むのが耐えられないほど描写が凄まじい!
悪夢をみそうじゃから寝る前に読むのは避けた方がいいかもしれんぞ

とまぁ~他にも奇妙な話が満載じゃ
ホラー初と言っても流石じゃのう存分に読ませてくれるぞ
無理には勧めんが読む勇気のある者は如何かのう

20070203184325.jpg
鍵―自選短編集

 ポチっと希望の光を・・・
スポンサーサイト


テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

小説*** | 18:36:08 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
ど~も、ど~もです!
筒井作品は、昔よく読んだものです。あのおじさん?けっこう変わってますよね!突然役者やってみたりとか・・・・・!
「鍵」はいったい最終的に、どんなオチで締めくくるのでしょうか?筒井さんの事だから、たぶんフツーの終わり方ではないと思いますけど・・・・・・
「池猫」の方は、生まれたばかりの子猫を、池に捨てる。っていうのが、わが土佐出身の作家坂東眞砂子の子猫殺しとだぶってしまい、背筋がす~っとしましたよ!
それよりなによりも、たま店長さまのブログの早々の復活が、なによりうれしゅうございますだ~~!!
2007-02-03 土 21:08:38 | URL | superwildsoul [編集]
こんばんは^^
「死にかた」はよさそうですねぇ^^

>読むのが耐えられないほど描写がすさまじい
すげぇ読んでみたいです(^-^)
筒井氏の作品はまだ読んだことないのでこれはいっちょ買ってみようかな♪
2007-02-04 日 02:11:50 | URL | シン@偽哲学者 [編集]
筒井康隆は随分長いこと読んでません。
実験的小説群が肌に合わなくて。
でもこれは面白そうですね。
買おうかな・・・・と思ったら、アマゾンには在庫なし。
古本市場に行くと・・・・あった!
しかも半額以下の200円。ラッキー!
購入、購入。
2007-02-04 日 07:03:11 | URL | じっちゃん [編集]
(^ー^)superwildsoulさん
おいでまし~
>「鍵」はいったい最終的に、どんなオチで・・・
鍵は次は何処の鍵って過程が面白いですよ。
オチはありがちかも・・・
オチの手前の鍵の方がある意味ぞーっぞーでしたよ。
読むとき半減してもよければオチをこそっとお教えしますけど・・・
私の拙い伝聞より読む方が怖さは伝わりまっせ

>わが土佐出身の作家坂東眞砂子の・・・
”ホラー作家がリアルホラーしちゃいかんでしょ”の彼女は土佐の人ですか
色んな人いますね~
池猫のほうは、こうきたかの『ニヤ』と異様さの『ギョ』合わせて『ニヤギョ』
って感じですわ。
2007-02-04 日 09:51:32 | URL | たまの猫 [編集]
(^ー^)シンさん
おいでまし~
>「死にかた」はよさそうですねぇ
これにストーリはないですわ~
理不尽極まりないですから・・・

ホラー好きのシンさんはお好きな部類かもしれないです・・・たぶん^^
>筒井氏の作品はまだ読んだことないので・・・
これを機会に合うか合わないか一回読んでみてくださいな
2007-02-04 日 09:59:37 | URL | たまの猫 [編集]
(^ー^)じっちゃんさん
おいでまし~
>筒井康隆は随分長いこと読んでません。
私は時たま読みたくなるんですよ^^
>実験的小説群が肌に合わなくて。
あー言われてみれば・・・
私はあまり気にならないですけど、
実験的小説って言葉は的を得てますねぇ~
さすが、じっちゃんさん^^b
2007-02-04 日 10:10:10 | URL | たまの猫 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。