■FC2カウンター

おいでまし~

■プロフィール

たまの猫

Author:たまの猫
ようこそいらっしゃいました。
4匹(+1匹)の猫の大家です。
無意味なエロコメ、エロバは
問答無用で削除します。
あしからず

■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ検索

■フリーエリア
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキングへ

ポチっと希望の光を

■アクセス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
裸婦画の魅力
【今日の一冊】★★★コミック(芸術)
20061129081300.jpg ちび隠居からのオススメじゃ

今日は石川サブロウ氏の蒼き炎(全12)にしようかの
芸術に情熱を燃やした二人の画家の話じゃ

明治の中期ある小さな村で二人の赤ん坊が生まれたんじゃな
一人は地主の長男もう一人は小作人の長男
地主の長男である龍太郎は何不自由なく育ち
小作人の長男の竹蔵は身体の弱い父親の変わりに
一家を支えていかにゃならん。
そんな二人にとって共通する事は描く事が何よりも好いとると言う事じゃ
よきライバルなんじゃな
境遇が違っても龍太郎は何かにつけて竹蔵を庇い助けるんじゃ
龍太郎は竹蔵の絵を見て一目置いとるようじゃ
ボンボンのお坊ちゃまじゃが良いとこあるのう
龍太郎と竹蔵は不思議な友情で結ばれておるじゃな
だが、龍太郎は本格的に画家になる事を以前から親に反対されておってのう
ある日龍太郎は東京に行く事を決意するんじゃ
当然竹蔵も誘ってなぁ
竹蔵は家族を捨てていく事になかなか踏ん切りがつかんのじゃが
最後は絵への情熱が決意させたのう
竹蔵は妹と弟に見送られこっそりと家を後にするんじゃ
基本に忠実な龍太郎、枠にはとらわれない自由な竹蔵
まったく性格の違う二人がどうなっていくのやら・・・

明治の洋画家と言うと、裸婦画でも有名な黒田清輝氏じゃが
この黒田氏の絵が二人に与えた影響は大きいのう
何時しか二人も裸婦の魅力にのめり込むじゃな。

がっつり読み応えあるぞー二人の成長を読むのは如何かのう

408861691X.09._SL100_SCTZZZZZZZ_.jpg
蒼き炎 [コミックセット]

 ポチっと希望の光を・・・
スポンサーサイト


テーマ:漫画 - ジャンル:本・雑誌

コミック(芸能・芸術) | 18:08:18 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
こんばんは^^
これまた懐かしい漫画を・・・
もはや絵の話だったということと
読んでいた記憶しか残ってなかったりです( ̄ε ̄;)
2006-12-09 土 23:19:49 | URL | シン@偽哲学者 [編集]
(^ー^;)シンさん
おいでませ
>これまた懐かしい漫画を・・・
懐かし物専門ですから←新しい物はご無沙汰気味ですんで
懐かしいので責めていきまっせ^^;
2006-12-10 日 09:17:55 | URL | たまの猫 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。