■FC2カウンター

おいでまし~

■プロフィール

たまの猫

Author:たまの猫
ようこそいらっしゃいました。
4匹(+1匹)の猫の大家です。
無意味なエロコメ、エロバは
問答無用で削除します。
あしからず

■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ検索

■フリーエリア
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキングへ

ポチっと希望の光を

■アクセス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
歪の家
【今日の一冊★★★小説(ホラー)
20061102104715.jpg ちび隠居からのオススメじゃ

今日は小野不由美氏の緑の我が家―Home、Green Homeにしようかの
ホラーと言っても血みどろで猟奇的な気持ち悪さと言うより
心理に忍び寄る怖さって感じかのう

高校生の浩志は父親の再婚をきっかけと諸々の家庭の事情から
一人暮らしをする事になったんじゃ
父親も再婚の経緯から浩志に後ろめたさを感じて
許さざる負えなくなったのう
そして浩志が新たな生活の場に選んだのがハイツ・グリーンホームって所でのう
不安や期待を胸に初めての道を進むんじゃが
グリーンホームに続く道筋の路地は暗く陰湿な雰囲気が漂うのう
だからと言って浩志はもう後には戻れずグリーンホームの入り口の
外界と線を引いてるような緑の扉の前に立ち意を決して押し開けたんじゃ
中に入ってみると、案外となんて事無い小奇麗で清潔そうな
共同住宅だったんじゃな。
じゃが、そこで浩志はここの住人で同世代風の和泉聡に、
いきなり『出て行ったほうがいい』と言われるんじゃ
浩志はこの和泉の事を不躾で無神経な奴と毛嫌いするのう
まあ~この和泉が後に重要な役割を果たすんじゃが
無言電話や何も書かれていない不気味な手紙は来るし
薄暗い路地で小さな男の子が延々と地面に落書きを描いておるし
何もかも奇妙で気味の悪い不可思議な出来事なんじゃ
その落書きも日増しに長くなり、やがてある住人の扉の前まで来てたんじゃな
そして、その住人が亡くなったんじゃが
亡くなり方はその落書きに描かれてた通りに・・・

実態が見えない得体の知れないものの恐怖はよくでてるのう
字数も少ないし言い回しも簡単じゃから読みやすいんじゃな
たまには軽めのホラーは如何かのう

4062552949.09._SL100_SCTZZZZZZZ_.jpg
緑の我が家―Home、Green Home

 ポチっと希望の光を・・・
スポンサーサイト


テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

小説*** | 15:03:44 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
こんばんは^^
いいですねぇ^^
スプラッタも好きですが、
こういうじわじわくる日本タイプの恐怖も大好物です♪
下の記事で紹介してある映画もそうですが
まだまだ知らないホラーが多くてホクホクです。
2006-11-19 日 21:06:56 | URL | シン@偽哲学者 [編集]
小野不由美は『 十二国記』と『東亰異聞』の二作は途中放棄、『屍鬼』はそのボリュームに圧倒されて積ン読状態。ということでまだ作品を読み通したことがありません。

そろそろ『屍鬼』を読もうかな。
2006-11-20 月 07:47:44 | URL | じっちゃん [編集]
(^∇^)シンさん
おいでませ
ホラー好きのシンさんにはちょっと物足りないかもしれないですけど
たまには軽めもいいすっよ。一層ハード系も引き立ちまっせ

マシニストの映画の方は筋は現実的で
明日にでも自分の身に起こっても不思議じゃない話ですけど
過程の見せ方が、いいんですよ。

主人公がすべての鍵って感じで主演の人の演技次第です。
この役者さんは上手く観客を引き込んでくれますよ。
2006-11-20 月 10:28:07 | URL | たまの猫 [編集]
(^∇^)じっちゃんさん
おいでませ
小野さんのは十二国記と今回紹介したのしか読んだこと無いんです。
十二国記のファンなんで、次はまだって待ってる状態ですけど
正直、『緑の我が家』の方は買ったものの十二国記の印象が
あったんで、なかなか手が出せずに暫く寝かせてました(^^;
でも読み始めたら拍子抜けする位さくさく読めて一気ですよ。
やっぱティーン向けだからですね。

話がそれちゃいましてた『屍鬼』って題名からするとホラーっぽいですね。
私もそのうち挑戦してみようかなぁ
2006-11-20 月 10:50:14 | URL | たまの猫 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。