■FC2カウンター

おいでまし~

■プロフィール

たまの猫

Author:たまの猫
ようこそいらっしゃいました。
4匹(+1匹)の猫の大家です。
無意味なエロコメ、エロバは
問答無用で削除します。
あしからず

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ検索

■フリーエリア
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキングへ

ポチっと希望の光を

■アクセス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
密室の行為
【事件について】・・・虐待

京都3歳児餓死、児相が虐待情報5件放置  
京都府長岡京市で佐々木拓夢(たくむ)ちゃん(3)が食事を与えられずに
餓死した事件で、府京都児童相談所(京都市上京区)が、
拓夢ちゃんの状態を直接確認したのは、
今年の6月21日が最後だったことがわかった。
3月に拓夢ちゃんの姉(6)を虐待で保護して以降、
6~10月に拓夢ちゃんへの虐待をうかがわせる情報が5件寄せられていたが、
同相談所は立ち入り調査せず、事実上放置していた。
警察との連携強化を求めた厚生労働省の通達があったにもかかわらず、
府警に情報を伝えていなかった。
府警向日町署は保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した父親の貴正(28)、
内縁の妻西村知子(39)両容疑者を追及するとともに、
23日朝から自宅の現場検証を始めた。  
~中途省略~
拓夢ちゃん虐待死をめぐる動き

  3月28日 姉が夜中に自宅から放り出され、近所の人が110番。
          京都児童相談所が一時保護する
  4月  7日 児童相談所や市などが協議。姉の施設入所の方針を固めるが、
          拓夢ちゃんは保護せず、様子をみることに   
      25日  姉が大阪府内の施設に入所
   6月20日 「夜、暗い家に置き去りにされた拓夢君が泣いていた」
          など近所からの3件の情報を民生児童委員が児童相談所に連絡
      21日 児童相談所担当者が姉の入所施設で、
          佐々木、西村両容疑者、拓夢ちゃんと面談
7月ごろ     拓夢ちゃんの泣き声が近所に頻繁に聞こえてくるようになる
9月 21
      ~28日  西村容疑者が拓夢ちゃんにほとんど食事を与えず
       24日  民生児童委員が児童相談所に
           「拓夢ちゃんがあまり外に出ていない」と連絡
       25日  児童相談所が民生児童委員からの連絡について電話で照会。
           佐々木容疑者は「外に出るのをいやがる」と答える
 10月16日  民生児童委員が「拓夢ちゃんがしかられて
          泣いている声が聞こえる」と児童相談所に連絡。
          佐々木容疑者は「内妻の体調が悪く、
          外遊びが十分にできていない」と説明
   21日夜 西村容疑者が苦しそうにしていた
          拓夢ちゃんにヨーグルト1個を与える
          同 拓夢ちゃん死亡
       22日 拓夢ちゃんが名前を呼んでも返事をしないと、西村容疑者が119番

 (2006年10月23日 読売新聞)

引用ここまで                                           

なんちゅう親でしょう・・・絶対親になっちゃいけない者が引き起こした
卑劣で痛ましい事件です。
人としての良心の欠片が少しでもあるんなら、
親である事を放棄して施設にお願いするべき!!
たったそれだけの事も出来ないんでしょうか・・・
まったく、子供は自分の欲求を満足させる都合のいい玩具じゃないってーの

何の権限もない一個人ができる事は限られます。
それでも今回は周りの住民の方々も出来るだけのことはやられたと思います。
全国各地で水際で防いで頑張っておられる児童相談所の方々は
たくさんいらっしゃるとは思います。・・・けど今回も何とかならなかったのかって
残念で仕方がありません。
ただ、警察すら民事に介入する事に躊躇する中で殆ど権限もなく
仮にあったとしても行使しにくい現状で
児童相談所の腰が引けるのは仕方がない事でしょうね。
だからこう言う事件は後を絶たないんでしょうけど・・・

だからと言ってこのままで良い訳がありません。
しかし既存の枠組みの中に入ってる児童相談所に
これ以上の期待を求めても限界があるように思えます。
ここは思い切って国税局の査察部のような警察と同等の権限を行使できる
内偵のプロ組織を別に作ったらどうでしょうね。
なんたって命の関る問題ですから、
こう言う事ならって住民も協力してくれると思いますよ。
兎にも角にも既存の枠組みを見直して早急に再構築をして頂きたいものです。

 ポチっと希望の光を・・・
スポンサーサイト


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

思う事:事件 | 12:06:57 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
幼児・小児虐待はいじめ問題以上に深刻な問題だと思います。
子どもたちは逃げ場がないですからね。
今の児童相談所だけの対応だけでは限界があるとの意見にも賛成です。
でも、ではどうしたらいいか?
たまの猫さんは権限のある別組織を提案されていますが、
その前に児童相談所そのものの権限を強めることはできないんでしょうかね。
加えて、児童相談所と連携して動く住民組織を立ち上げるとか。
子育てそのものに対する支援ももっと充実させる必要があるでしょう。

知恵を絞れば、まだまだ有効な対策はあるように思います。
2006-10-24 火 12:21:53 | URL | じっちゃん [編集]
(´∧`)
じっちゃんさん、いらっしゃいませ
じっちゃんさんが、仰られるよう対策は他にもあるとは思います。
今も、そう言う活動されてる方も、多々おられると思いますけど
一般市民が対応出来るのは、相手が常識が通じて
良心が残ってる場合だと思いますよ。
そうじゃないのを相手にするとなると、
とてもじゃないけど一般人は手におえません。
仮に児童相談所が今権限をもてたとしても、すぐには行使するのは
難しいと思いますよ。
只でさえ人員が少ないのに明日からいきなり
警察官や探偵になれって酷な事でしょうから
なんたって人様の家の内情を探らなきゃいけないとなると
それなりにノウハウやテクニックが必要だと思います。
現状公で表に出ててその能力を持ってるのは国税局でしょう・・・たぶん
そこから児童相談所に出向して貰ってもいいんでしょうけど・・・
私は、なるべく別組織を作って児童相談所と連携を取りつつも
切り離した方が良いと思うんです。
児童相談所は、普通の人の相談に乗ってあげて
いい方向へ導く本来の仕事に専念すべきだと思います。
家庭内児童性的虐待、暴行、育児放棄なんてのは犯罪ですから、
それを専門に取り仕切る機関があっても良いと思うんです。
ご近所は、児童相談所に通報児童相談所は、
精査してその機関にあげる。そう言う道もありかなぁって思ってます。
まぁ、どんな方法にしろ、こう言う事件がなくなる事が一番ですね。
2006-10-24 火 14:46:37 | URL | たまの猫 [編集]
心が痛む、悲しい事件です。
心底腹が立ちます・・・
親になる資格が問われる時代になりましたね。
2006-10-24 火 18:18:27 | URL | はまぴー [編集]
(`∧´)
はまぴーさん、おいでませ
ホント腹立たしい事件ですね。
最近は、抱え込んで弄んでるようにしか見えな事件が多い気がします。
2006-10-24 火 19:18:18 | URL | たまの猫 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。