■FC2カウンター

おいでまし~

■プロフィール

たまの猫

Author:たまの猫
ようこそいらっしゃいました。
4匹(+1匹)の猫の大家です。
無意味なエロコメ、エロバは
問答無用で削除します。
あしからず

■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ検索

■フリーエリア
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキングへ

ポチっと希望の光を

■アクセス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
矛盾してません?
【教育について】・・・判決

国旗・国歌で起立・斉唱強制、都教委通達は違憲・・・地裁
東京都教育委員会が、入学式や卒業式で教職員が国旗に向かって起立し
国歌斉唱するよう通達したのに対し、都立学校の教職員ら401人が
都と都教委を相手取り、通達に従う義務がないことの確認や損害賠償を求めた
訴訟の判決が21日、東京地裁であった。
難波孝一裁判長は、「通達や都教委の指導は、思想・良心の自由を保障した
憲法に違反する」との違憲判断を示し、教職員に起立や国歌斉唱の義務はなく、
処分もできないとする判決を言い渡した。
また、慰謝料として1人当たり3万円の賠償を都に命じた。
都側は控訴する方針。判決によると、都教委は2003年10月23日、
都立学校の各校長に対し、入学式や卒業式などで国旗の掲揚と国歌の斉唱を
適正に実施し、教職員が校長の職務命令に従わない場合は服務上の責任を
問うとする通達を出した。

(読売新聞) - 9月21日

引用ここまで                                          

またまた、あららの出来事です。
国旗国歌法案って、確か1999年に国会で可決しましたよね。
公から給料貰いながら、法律を否定するんなんて、
矛盾してるって思わないのでしょうか。
教師と同様に否定しながら公立に通う、通わせる生徒や親の方も変ですけど
嫌だ嫌だと言う人は、無理して公立の学校に行かなくてもいいんじゃないですか
自分の思想にあった私立へ行って思う存分主張して下さい。
なんたって、日本は言論の自由がある民主主義国家ですから
それに職業も学校も自由に選択が出来きます。
もしかして選択の自由があるって知らずに嫌々公務員されてたんですか?
そうだったら、言い過ぎました、ごめんなさい。
どうぞ、お好きなところへ行ってください。自由なんですよ~

それにしてもこの裁判長も良く分らないです。
この裁判長に言わせると、国会で定めたものを守らなくても良いらしいですね。
しかも、公務員すら守らなくてもいいんですって
もしかしたら外国航路でも、好きな旗をつけても良いって事で
・・・ってどこの港も入れてくれないどころか、不審船として沈められちゃいますけど・・・
それに国際試合で日本代表選手が、
日の丸嫌いケロロマークにするなんて事もあり得るんですね。
日本は単一国家とばかり思ってましたけど、どうやら違うみたいですね。
いったいどれぐらいの国が、存在するんでしょうか?

演劇風に一つ話を作ってみました。
~独断と偏見な話ですので、洒落の通じない方は読むのをおやめくださいね~

※なお、下記の猫劇場は架空の出来事であり、
実在する人物、団体等とは一切関係ございません。あしからず・・・

猫劇場のはじまり~
創業100年社員100人余りの会社で、ある問題が起きようとしています。

それは、創業以来慣れ親しんできた社章と社歌についてです。
登場人物:猫嫌男猫嫌子猫嫌三猫嫌代、迷裁判長

第一幕。ある日の居酒屋にて
猫嫌男:『猫って引っ掻くし、噛み付くし嫌だよね』
猫嫌子:『あの社章の猫マークも寒気がする』
猫嫌三『それにあの社歌はなんだ!なんで猫を称えなきゃいかん』
猫嫌代:『おー嫌々』       ・・・(飲み屋で愚痴は、まっOKかな?)
でも、給料は振り込んでね。

↑(まぁ普通はそんな嫌なとこ端から入らないと思いますけどね。)

第二幕。100周年記念式典にて
色んな方々が来賓で来てる公の会場です。
猫嫌男:『歌わないし、立ちません』
猫嫌子:『あの社章の猫マーク大嫌い』
猫嫌三:『この会社はろくなもんじゃない』
猫嫌代:『もっともっと反省すべきよ』   ・・・(はい、即OUT)
でも給料は振り込んでね。

↑(コネがあっても、普通は解雇でしょう。)

第三幕。訴訟にて
猫嫌男:『式典にあんなの掲げて気持ちがおさまらない』
猫嫌子:『あんな歌聞くのも嫌、訴えてやるー』
猫嫌三:『心が傷ついた・・・責任とって貰うぞー』
猫嫌代:『お客にも責任とって貰わなきゃ』  ・・・(普通なら、はい棄却でおわり)
でも、給料は振り込んでね。

↑(これが通るんだったら、何でもありです。)

第四幕。裁判にて
迷裁判長:『法律より気持ちが大事です。会社が損をしようと、潰れようと
       この人たちの気持ちを優先させる事』 ・・・(法の番人じゃないかも)
猫嫌一同:『えっ、うっそ~』
迷裁判長:『さらに気持ちを傷付けた損害として
       原告に賠償金を支払う事』
猫嫌一同:『わーい勝っちゃった』
迷裁判長:『それから、給料は振り込んであげる事』

↑、(今回原告が勝訴しちゃいました。おまけに損害賠償まで払うはめに
  損害賠償を支払うためお客さんに請求しなくちゃならないし、
  こんな人たちを雇った時点で信用落としてるし・・・潰れるかもしれませんね。
  でも、そうならないように会社は控訴します。)

そして、その行方は・・・・取り合えず、おわり

※筆者は大の猫好きで猫の可愛さは存分に知っております。
猫好きの皆さん怒らないで下さいね・・・(^-^;A)

 ポチっと希望の光を・・・
スポンサーサイト


テーマ:思ったこと、考えたこと - ジャンル:ブログ

思う事:育成 | 10:02:39 | Trackback(0) | Comments(12)
コメント
まったく同感です。

この件には僕もいろいろ言いたいことがあり、
ここで論旨を展開しようと思えばできるですが、
長くなるのは確実ですし、
変に盛り上がってしまうのもいやなので、
ただたまの猫さんに同感だとだけ言っときます。

にしても、たまの猫さん、これ書くの時間かかったでせう。
2006-09-23 土 20:11:34 | URL | じっちゃん [編集]
(´ー`;)
じっちゃんさん、おいでませ
最初は軽く書くつもりだったのですが、
あれもこれもで、結局長くなってしまいました。
結構微妙な問題でもありますし、
慎重に言葉も選ばなきゃって思いつつ、
言いたいことも入れたいしと思うと、
書いては消し、消しては書きの四苦八苦でした。
ただでさえ遅筆なのに・・・仰るとおりで時間かかっちゃいましたよ。
2006-09-23 土 21:47:11 | URL | たまの猫 [編集]
こんばんは^^
あんまりこの法案とかについて詳しくないからあれなのですが
私はこの国歌国旗法案そのものが気にくわないんですよね。
こんなものは法律で定めるべきではないと思うからです。
憲法19条で定める思想・良心の自由の範囲内だとも思います。
でもって、法律は守らなければならないけれど、
この場合はその法律がおかしいと思うわけであります。
そのおかしな法律を変えるための行動、
もしくは問題提起としての行動ならOKかと思います。
あと、私立と公立では学費の差はかなり大きいので
自由という名目があっても実質は自由ではないという場合があるかと。
まぁ、こういう考え方もあるということで^^
たまには真面目に熱く語ってみました☆
2006-09-23 土 23:00:17 | URL | シン@偽哲学者 [編集]
教育現場を知って欲しい
昼間読んだ時は、コメント入れられずにいました、十一月うさぎです、こんばんは。
私は、上のシンさんのコメントと同感なのですよ。

教育現場では、起立を強制して、子どもの声が小さいと担任を処分すると脅し、都立の学校の場合、都教委から監視の職員まで派遣して、教職員を見張らせるという異常な事態だったのです。
従わなければ戒告などの処分にしたり、再雇用を取り消す(解雇と同じ)、研修と称して思想改革を押し付けます。

これでは、思想・良心の自由の憲法が、全く無視された状態なのです。
公立の小学校には、貧しい子供達もいます。
その中には、外国籍の子供達の割合が多いのです。
その子供達に、日本の国歌斉唱を、国旗掲揚を強制できません。

今回は、原告側が勝訴しましたが、
二審、最高裁に持ち込まれると、国歌国旗法案で、覆される可能性もあるでしょうね。

でも、教育現場の現状を、もっと知って欲しいと思いました。
過去に、国歌斉唱国旗掲揚が原因で自殺してしまった校長先生もいいらっしゃるのだから…。
子供達には、思想と良心の自由の権利を持たせたいと思います。
2006-09-24 日 01:00:56 | URL | 十一月うさぎ [編集]
簡単な事なのにね。

権利ばかりで、日本を好きにならない日本人。

国旗や国家の歴史的背景ばかり注目して、自分の国を愛する事を教える事はしない。

偏ってるのはどちらでしょう。

色んな背景をふまえながらも、自分の国を愛せる子供達をこのままでは育てていけませんね。
2006-09-24 日 02:31:31 | URL | wind [編集]
シンさん、いらっしゃいませ
>法案とかについて詳しくないから・・・
広島の校長の自殺が発端で決まったと認識してます。
たぶん、議事録とか残ってるんじゃあないでしょうか。
気になるようであったら、調べてみてくださいね。
>こんなものは法律で定める・・・
私も、以前ならそう思ったとお思います。
ただ、この1.2年書籍を(ネットも調べる道具にさせてもらいましたけど)
読み漁りました。そして自分なりの現状の答えがブログで書かせてもらった一つだと思います。たぶん考え方が180度変わったかも・・・
>憲法19条で定める思想・良心の自由・・・
思想と良心の自由は誰も規制してない思いますよ。
自分がどこに属してるかというと日本だし、
それを、特に子供に教えるのはシンボルは何かって言うと国旗国歌って
重要なものの一つだと思います。
それには、ある程度現状法整備も必要だと思います。
ただ、今の国旗国歌も色々歴史もありますから気に入らないっていう人もあるでしょう。私はそんなに嫌いじゃないですけど、なんせ明治時代日本の近代化のシンボルだと思いますし、現状もその恩恵を受けてる限り
すべて否定するのは、いやだなぁって思いますよ・・・
まあ、それは、私の考えであり、色んな考えの方が世の中ごまんとあるんでしょう。ただ公務員である先生は別ですよ。
思想考え方は変える必要はないでしょうけど、どんな悪法と感じようとも、決まった以上は従うべきだと思います。そうじゃなかったら、子供たちに気にいらなかったら、法律は守らなくても良いと教える事になりますけど、
法治国家である以上、それはまずいと思うわけです。・・・これは、あくまでも、公務員の先生方に限ってですよ。民間なら、どんな思想や、考え方を教えようが勝手ですよ。国旗国歌法案も思想を縛るものじゃないですから
法に従いたくない先生は公務員を辞めるべきです。思想や考え方が重要なら、たかがお金のために魂を売ることはないですよ。
世間が訴訟の先生方の意見が正しいって流れになれば、法律も変わるでしょう・・・それが民主主義なのですから
まぁ私もまだまだ勉強中なんで、えらそうな事はいえませんけど・・・
シンさんと考え方が違うところが多いと思いますが、
こんな事を話すのが出来るのも言論の自由のおかげですね。
私も、かなり力入って熱く真面目に語りすぎちゃいました。
2006-09-24 日 11:08:06 | URL | たまの猫 [編集]
(´ー`)
十一月うさぎさん、いらっしゃいませ
実際の現場にいらっしゃる皆さんの中には大変なご苦労をされてると思います
知らない私には、計り知れない事でしょう。
現場のご苦労はお察しいたします。
ただ、国旗国歌法案についても、可決したのも事実です。公が教えるようにと指導があれば、組織の中にいる限り、それは職務だと思います。
それが、間違ってるのであれば、いずれ民意が反映されて法律もかわるかもしれません。それが、民主主義ですから、
でも、現状がそうなってる以上それが出来ないのであれば、
公務員でいる事はないと思いますよ。
一般の人は皆さんはそうしてます。
それに国旗や国歌を大切にする事と思想は関係ないと思いますよ。
だから、考え方や思想を変える必要もありませんし、
但し、国や都のやり方には問題がたくさんありそうですね。
>その中には、外国籍の子供達の割合が多いのです。
納税者が日本人であれば、その意向が反映されるのは仕方ない事です。
日本の公立の学校に通ってる限り、すべて思い通りにならない事もあるでしょう。でも、それを教えるのが、家庭であり、学校だと思うのです。
それは、海外に出てる日本人やどの国の人にしても、そこの国の学校に行ってれば不自由があるのは止む負えないと思いますよ。
>思想と良心の自由の権利を持たせたいと思います。
国旗と国歌を大事にしようって教えた所で、
思想を植え付けるとも思いませんが、今じゃ情報の媒体は限りなくありますからね。それに今の日本ほど言論の自由があり、好き勝手言える国も珍しいんじゃないんでしょうか。
国旗掲揚も思想の誘導なら、させないというのも、思想の誘導です・・・
どれが良いのかは、難しい問題ですね。
それから私の考えも、多くの中の一つですし、誰に押し付けるつもりもありませんので、その辺はご理解くださいね。
2006-09-24 日 12:55:23 | URL | たまの猫 [編集]
(´ー`)
Windさん、おいでませ
>権利ばかりで、日本を好きにならない日本人
権利を主張するのであれば、公務員だという事を自覚してもらいたいものですね。嫌なら辞めればいいだけですよ。
権利や自由には義務や責任が生じる事を教えなきゃいけないのに
権利や自由だけが突出してて、まったくバランスが取れてないです。
>国旗や国歌・・・
国旗や国歌の由来もきちんと教えるべきです。
一時期色々あって嫌だっていう人もいるでしょうけど、
それがあったからって、すべて否定するのもどうかと思います。
国旗も国歌も明治の近代化した象徴のようなもので
その継続で今があるんだから、すべてを否定するのもどうでしょうね。
>自分の国を愛せる子供達を・・・
自分の街や国が好きだから、ここにごみを捨てるのは止めようとか、
人に迷惑をかけるのは止めようと思えるところもあるのだと思います。
自分の事が出来ないのに、人のお世話も出来ないのと一緒で、
自国も愛せないのに、他の国の人の事を考えれるわけがないですね。
2006-09-24 日 13:30:15 | URL | たまの猫 [編集]
お返事ありがとうございました。
長文のコメントレス、ありがとうございました。
十一月うさぎです、こんにちは。

>公務員でいる事はないと思いますよ。

・・誤解されているようなので、補足説明しますが、私は、過去、医大に勤務していた時は、公務員でしたが、現在は違います。
どういう立場かは、個人情報になりますし、私の正体がばれてしまう可能性がありますので、ネット上で申し上げる事は出来かねます。すみません。

>国旗掲揚も思想の誘導なら、させないというのも、思想の誘導です・・・

・・今回の裁判記事では、教員の事のみ触れていますが、
現場では、子供の保護者からの国歌斉唱国旗掲揚の反対意見が、多い事が事実です。
特に、戦争被害の多かった東京・広島・長崎・沖縄に、保護者&教員の異論が多いようですね。

******

たまの猫さんの主張は、わかりました。
長文のコメントレス、お疲れになった事でしょう。

政治世界の与党や野党のように、立場が違えば、考え方も全く変わってきますように、この記事に関しては、賛否両論が世論で多く見られました。
たまの猫さんとお話できて良かったです。
私に対して苦言になる事を理解しながら、相手を傷つけないように、どのようにして書こうか、という【慮る(おもんばかる)】姿勢が読み取れました。

今、あまり時間がありませんので、これで失礼します。
当ブログに入れてくださったたまの猫さんのコメントに対するコメントのお返事は、今夜しますので、今、しばらくお待ちくださいませ。
2006-09-24 日 14:52:32 | URL | 十一月うさぎ [編集]
いらっしゃいませ
十一月うさぎさん、ご丁寧なお返事有難うございます。
>>公務員でいる事はないと思いますよ。
決して十一月うさぎさんのことではないですよ。
今回訴訟を起こされた先生たちに当てたものでしたけど
ちょっと言葉がたりませんでした。こちらこそ大変な誤解をさせたようで
申し訳有りませんでした。

こう言う問題は世論が分かれる微妙な問題ですんで、
なかなか難しい事ですね。
>当ブログに入れてくださったたまの猫さんの・・・
余りお気になさらず、気長にまってますので・・・
2006-09-24 日 16:34:11 | URL | たまの猫 [編集]
こんにちは^^
まず私も色々な考え方があってしかるべきだと思います。
で、私の意見としましては、

>思想と良心の自由は誰も規制してない思いますよ
>自分がどこに属してるかというと日本だし
人間がどこに生まれてくるかを選択できない以上、
その国の国家を歌うとういう、
誰にどのようなメリットがあるかはっきりとわからないこのような場合は
思想・良心の自由を侵されていると私は思ってしまいます。
なら国から出て行けというのがたまの猫さんの主張かもしれませんが
上記した選択ができない限りそれはおかしいと私は思います。

>現状もその恩恵を受けてる限りすべて否定するのは、いやだなぁ
国からの恩恵にははもちろん感謝すべきだと思いますし、
全てを否定しているわけではありません。
その恩恵に対して義務を果たすべきだとも思います。
でも、この場合は行き過ぎた管理だと思うので反対です。

あと、今の国に対しては畏敬の念や感謝の念が
あまり出てこないこないというのもポイントかと思います。
私の場合、それは一身上の都合によりそう思うところもありますし、
日々溢れる政治家や官僚の不祥事もその思いに拍車をかけます。
ゆえに、この法律は制定の順番がおかしいと思うのです。
自分(この場合は国)の襟を正すのがまず先じゃないでしょうか。
自らの襟が綺麗になれば
自然と国に対する尊敬の念が生まれるのではなかろうかと思います。

>どんな悪法と感じようとも、決まった以上は従うべきだと思います
>法律は守らなくて良いと教える事
悪法ならば黙ってそれに従わずに、悪法を変えるべく行動するのが
民主主義国家に生きる人たちの義務だと私は思っています。
そしてそれは公務員の先生方も然りだと思います。
ここで紹介されている先生方が
どのような思想でどのような行動をしてるのかを私は知りませんが、
(だからこの先生たちの行動は別にして)
私の意見としましては、「法律を守らないで良い」ということではなく、
悪い法律は頑張れば変えることができるということを
自らの行動でもって教えているならば(もちろん手段は選んで)、
それは素晴らしいことではないでしょうかと考える次第であります。
これは法治国家として教えておくべき大事なことだとも思います。

とまぁ本日も熱い記事、そして熱いレスには、熱い返事をということで
かなり頑張って熱いコメントを書いてみました^^
にしても、たまの猫さんとは珍しく意見が分かれましたね。
ということで、お互い勉強して
より良い明日の日本を目指して頑張りましょう!
2006-09-24 日 17:18:35 | URL | シン@偽哲学者 [編集]
(´ー`)
シンさんへ
>国から出て行けというのがたまの猫さんの主張かもしれませんが
いえいえそんな乱暴なこと言ってませんよ。
公務員を辞めたからといって、思想や考え方を広められないわけじゃないですし、どんどん広めていかれればいいと思います。良い物であれば、賛同する人も多くなるでしょうし、それが必ず公務員である必要はないと思いますけど・・・
>日々溢れる政治家や官僚の不祥事もその思いに拍車をかけます。
それをさせないようにするには、襟を正す正してくれるような人を選挙で選べばいいと思います。結果的にそれを許してるのは国民の方にも
責任はあるんです。
>悪い法律は頑張れば変えることができるということを・・・
先ほども言ったようにそれは公務員じゃなくてもいいんですよ。
賛同者を募って活動費を出してもらって活動されるのもいいでしょうし
方法はいくらでもあると思いますよ。
税金から給料を貰いながらに矛盾を感じるんです。
いい主張をされてるのなら、その矛盾を解消しないと、賛同も集まりにくいと思いますよ。
>お互い勉強してより良い明日の日本を目指して頑張りましょう
私もまだまだ、勉強不足です。もっと腕を磨いてちゃんと論じれるように
がんばりますよ。また、いい議論しましょうね。
2006-09-24 日 19:00:30 | URL | たまの猫 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。