■FC2カウンター

おいでまし~

■プロフィール

たまの猫

Author:たまの猫
ようこそいらっしゃいました。
4匹(+1匹)の猫の大家です。
無意味なエロコメ、エロバは
問答無用で削除します。
あしからず

■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ検索

■フリーエリア
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキングへ

ポチっと希望の光を

■アクセス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
暴走する過ち
【今日の一冊】★★★コミック(SF・・・サスペンス)
20070516105615.jpg たま店長ですの

今日は浦沢直樹さんの20世紀少年(全22、上下)にしますわ
時は1973年所は第四中学校のお昼ご飯時
一人の生徒が日常の風景を変えてみせると
放送室に突入しますの
そしてお気に入りの『センチュリーボーイ』を流しましたわ
辺りにはたちまち大音量のロックが鳴り響き・・・
しかしちっぽけな革命を起こした所で世の中は何も変わらないと
悟った日にもなりましたわ
・・・とここまでが僅か5、6ページですの
いきなり場面は21世紀に飛び
真夜中のとある一室で少女がただならぬ雰囲気を察し飛び起き
窓から外を見てこう呟きますの
『まさか、またアレが・・・』
少女が目にした先には異様な形をした巨大なものが
そして、また場面が変わり今度は1997年に遡りますの
放送室に強行突破したあの少年もごく普通の大人になり
突然帰ってきて子供を頼みますと、また姿を消した姉の子供を背負いながら
コンビニ家業に精を出す毎日を送っていますわ。
そこに一家で行方知れずになった敷島家について
刑事が聞き込みにやってきますの
その事を初めて知りお得意様だった敷島家に掛の回収も気になりつつ
酒瓶を回収がてらに様子を見に行きますの
そこで壁の隅に見覚えのある奇妙なマークを見つけますわ
時を同じく無造作に組まれた機械が散乱した一室での変死体、
ドンキーと呼ばれてた友人の死と次から次に事件が巻き起こりますわ
一見無関係のように進んでいきますが
奇妙なマークこそがさまざまな事件を結びつける鍵ですの
そのマークの意味とは・・・・

兎に角一巻だけでも幾多の謎がちりばめられていますのよ
時代もあちらこちらに飛んでいき縦横無尽に交差し
謎めいた人物が次々登場してさらに深まりますわ
一巻二巻だけではとても話の全容なんて掴めませんの
全巻じっくり腰を据えて読まれる事をおすすめしますわ
全てを読み終えた後は良質のサスペンス映画を見終えた
ような感覚にきっとなりますわよ。ぜひ如何?

11GYMEKP2PL._SL100_.jpg
20世紀少年 [コミックセット]

スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

コミック・・・・・・(SF) | 11:51:42 | Trackback(0) | Comments(4)
狭くて大きな話
【今日の一冊】★★★コミック(SF・・・日常)
20070516105708.jpg ぷーれん様がやってあげる。

今日は奥田ひとしさんの新・天地無用!魎皇鬼(全10)にする。
同著者のコミック天地無用 の続編
元ネタは梶島正樹さんの小説でアニメもあるけど
内容は奥田オリジナルなんだから
キャラもアニメと比べて違和感ないし話も
原作のイメージを壊さず、それでいてオリジナル感バッチリよ!

内容は・・・
岡山県某所の柾木家で繰り広げられる至って平凡?な日常物語
本来の主は柾木信幸だけど
信幸パパは仕事の関係で他に居を構えてて居たり居なかったり
事実上息子の天地が主になってる。
柾木家には天地の魅力に引き寄せられた
居候の女の子(?)たちが住み着いちゃってるんだから
色々問題あっても
縁あって一つ屋根の下で暮らす彼女たちは
天地にとってもかけがいのない家族になってるけどね。
しかし~
こう大所帯になると信幸パパの収入だけでは追いつきゃしない。
家計はかなり厳しいらしい。
大食漢な子もいるし大変よ。
そのため、訳あって高校中退した天地は少しでも節約するため
毎日せっせと畑仕事に精を出す勤労少年よ。
・・・とこまではありふれた日常って感じだけど

実は居候って言うのが皆、異星人
天地だって『樹雷』の星の王位継承者よ。
歳だって皆半端じゃない。小学生に見える砂沙美だって700歳
鷲羽(わしゅう)にいたっては2万歳
だから日常話って言っても穏便に済む訳ない。
宇宙ネタ、次元ネタ、エイリアンネタ、
ケンカネタもスケールでかいんだから
しょっちゅう家は壊すは壊される修理代も馬鹿にならない。
家計が苦しいのはよ~く分かる納得よ!

笑いあり、シリアスあり、ホッと癒しあり・・・
天地ファンなら満足間違いなし
知らなくても破天荒な展開にハラハラワクワク十分楽しめるんだから
奥田天地もこれで見納め試しに興味持ってみる~?

21BMBDK9P2L._SL100_SCTZZZZZZZ_.jpg
新 天地無用!魎皇鬼 [コミックセット]

20070808131135.jpg
天地無用 魎皇鬼 [コミックセット]

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

コミック・・・・・・(SF) | 14:02:30 | Trackback(0) | Comments(0)
未知への旅
【今日の一冊】★★★コミック(SF・・・家族)
20070516105615.jpg たま店長ですの

今日は岡崎二郎さんの宇宙家族ノベヤマ(1~)にしますわ
1960年人類は宇宙電波を探し始めましたの
果てしない時を費やす作業だと思ってましたのに
それは、意外と直ぐに見つかりましたわ
その電波は銀河宇宙のあちらこちらで発信されてるようですの
人類は直ちに解読にかかり半世紀を経てやっと解読に成功しましたわ
そこには『この宇宙はDNAで満ちている』の一文から始まり
宇宙電波を受け取った者へのやるべき事が示されていましたの
それは一定レベルに達した時にこの宇宙電波を宇宙に向けて発信し
銀河宇宙にその存在を知らせる事
そして指定したDNAの持ち主をメッセンジャーとして搭乗させ
銀河宇宙に向けて踏み出す事
そのために必要な無数に存在する
スターゲートの位置や通過するための方法が添付されてましたの
日本も資格を持つ者を5年の月日をかけ
宇宙船『斑鳩』(イカルガ)に搭乗させるべきメッセンジャーを探しましたわ
そして選ばれたのが野辺山家の8歳の翔太でしたの
ごく普通に暮らしてた野辺山家には青天の霹靂ですわね。
当然幼い子を一人で行かす訳にもいきませんし・・・
仕事人間の野辺山家の主人雄一は悩みましたわ
ようやく長年の功績を認められ出世を約束された矢先ですのにねぇ~
そして、出した答えは自分は残る事に
しかし、翔太の『行くのは自分ひとりでもいいよ』・・・と健気な寂しげな言葉を
聞いて、たった8歳の息子にこう言わせしまった
自分に情けなさを感じてしまいますわ
今まで仕事一筋で家族の事を省みなかった事に改めて気がつきますの
そして雄一は
嫌がる反抗期の長女も強引に誘い家族全員で宇宙に行く事を決意しましたの
さあ~これから地球外生物との未知なる接触の旅が始まりますわ~

人類より遥かに高度な文明を持つ生命体たちに触れてみては如何?

21KB2AGWVVL._SL100_SCTZZZZZZZ_.jpg
宇宙家族ノベヤマ(1)・・・

 プチっと希望の光を・・・

テーマ:まんが - ジャンル:本・雑誌

コミック・・・・・・(SF) | 09:40:04 | Trackback(0) | Comments(0)
最後の1日
【今日の一冊】★★★コミック(SF・・・生と死)
20070516105615.jpg たま店長ですの

今日は間瀬元朗さんのイキガミ(1~3以下続刊)にしますわ

国民は等しく7.8歳で『国繁予防接種』なるものを
受けるように義務付けられてますの。
その中には1,000個で一つの割合で
18歳から24歳の間に肺動脈の中で破裂し
死に至らしめる時限カプセルが注入されてますわ
それが、誰に当たるかはその時が来るまで分りませんの
目的は国民がその時まで緊張感を持ちつつ健全に生活する事と
生命の価値を知らしめるためですわ

イキガミとは、不運にも選ばれてしまった人たちに渡すカミの事ですの。
公の職員である配達人藤本は、疑問や矛盾を抱えながら
イキガミを届けてますの
そして、突然届けられた死の予告証、
そこから受け取った人たちの最後の一日の物語が始まりますわ
ある者は復讐に走り、ある者はあるがままを受け入れ、
ある者は遣り残した事をし、そしてある者は・・・
たかが1日されど1日
所詮残された時間はごく僅か、やれる事は限られますけど
各々がその中で何かを見出そうとしてますわね。
それがリアル感を醸し出してますわ
心の葛藤、取り巻く人間模様が、ずしりと響きますわよ

設定は非現実的なのに人の感情や残された時間の捉え方、
生活風景が現実的ですの
まったく絵空事とは思えず生きる事、
死ぬ事の意味を考えるのには十分な作品ですわよ。

只、重いテーマですから気持ちに余裕がある時にオススメしますわ。

11JM4H4DG5L._SL100_SCTZZZZZZZ_.jpg
イキガミ (1) イキガミ (2) イキガミ (3)・・・

 プチっと希望の光を・・・

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

コミック・・・・・・(SF) | 11:44:41 | Trackback(0) | Comments(2)
コドクの末
【今日の一冊】★★★コミック(SF・・・闘い)
20061129081430.jpg さぼてん大家です。

今日は星野之宣さんのコドク・エクスペリメント(全3)のご紹介です。
この話のコドクとは言い伝えによりありとあらゆる毒虫を容器に入れ
弱肉強食の世界にして最後に残った最強の猛毒の蠱毒の事です。

バグレス中尉は極秘である実験を進めています。
そしてついにその実験に適した惑星を見つけます。
その星はかつては海も存在し、陸には植物、草食獣も居ましたが
現在海は消滅し陸上には肉食獣のみになってしまい
食うか食われるかのいずれは死滅する運命をたどる星です。
その実験とは弱肉強食の惑星で
最後に生き残る生物を監視捕獲するのが目的のようです。
ただ、その星の肉食獣たちの獰猛さを知るすべがありません。
そこでバグレスは何も知らされていない一兵士たち数人を他で捕獲した
肉食獣と共に惑星に降ろし様子を観察する事に・・・
その時地殻変動が起きやむなく実験を中止し離脱しなくてはならなくなり
バグレスはあっさりと兵士たちを見捨てます。
実験を遂行するためには、どんな犠牲もいとわない
バグレスは恐ろしい冷酷な女です。
そして時は経ち20年後
コドク実験を行なった星は急激な地殻変動により
崩壊してしまいます。
たまたまその惑星の動向を調査していた調査船オルガネラが
惑星の一部と思われる破片を回収してしまいます。
只の化石だと思われたものが実は・・・

最強のコドク対人間との戦いは迫力満点、がっつり読み応えがありますよ~

20070128132752.jpg
コドク・エクスペリメント(1)
コドク・エクスペリメント(2)
コドク・エクスペリメント(3)

 ポチっと希望の光を・・・

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コミック・・・・・・(SF) | 13:24:24 | Trackback(0) | Comments(4)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。