■FC2カウンター

おいでまし~

■プロフィール

たまの猫

Author:たまの猫
ようこそいらっしゃいました。
4匹(+1匹)の猫の大家です。
無意味なエロコメ、エロバは
問答無用で削除します。
あしからず

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ検索

■フリーエリア
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ブログランキング

FC2ブログランキング

人気blogランキングへ

ポチっと希望の光を

■アクセス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
未来に向けて
【教育再生に向けて】

遅まきながら、まずは先ごろ話題になった10億円を寄付した人について
詳しくはこちら(iza)

実名を公表し堂々とした姿は天晴れです。
よからぬ所から反発ややっかみもあるでしょうから相当な覚悟がないと出来ません。
それでも横溝さんは個人情報をさらす事で
少しでも意に沿って実行されるように苦渋の選択だったのだとお察しします。
それに匿名で条件もなしだと意に反したものに使われる可能性もあり
意義もなくなりますから・・・
それなら基金を作ってご自分で運営する方法もあるでしょうが
そうなるとノウハウがない素人じゃなかなか難しいです。
とんでもない輩が近寄ってこないとも限りませんし
それよりは枠組みをすでに持ってる公共機関に任せるのは
手堅い選択だと思います。

取材記事を読ませて頂いて勝手に思ったことですが
横溝さんは子どもたちの行く末を案じ現状を憂いた結果の行為であって
善だの偽善だの言われる事に困惑されてるんじゃないかと
まっ、そうは言ってもなかなか出来る事じゃありません。潔いです。

それにしても、公表すると必ずたかってくる人が居るんですねぇ~
中には家にまで押しかけていきなり助けてくださいと厚顔無恥な人も居るようで
他にも資産家は沢山いますけどあちらこちらに助けを求めて行ってるんでしょうか
それとも寄付するぐらいだから助けるのが当たり前だとも思ってるのかしら
自分のお金と勘違いしてるのか混同も甚だしいです。
これを人の弱みに付け込むって言うんですけど・・・

しかし横溝さんの対応はお見事です。
「私は人間の基礎づくりをしようとしているのです。
人生の“結果”にはかかわりません」と受け付けなかった。(記事より抜粋)

縁もゆかりもない見も知らぬ人の所に金の無心をするような
非常識な人を増やさないためにも
これからを担っていく子供たちにしっかり基礎を教えるのは
至極真っ当なお考えです。
他にも活動されてるようですがお体に気をつけてこれからも頑張って頂きたいです。
無力ながら賛同させてもらってます。

教育関連でもう一つ現代に寺子屋を・・・について
詳しくはこちら(産経)

福岡県久留米市の水天宮保育園では今年の4月から偉人伝を語り聞かせる
寺子屋授業を取り入れたそうで
その結果最初は10分も集中力が持たなかった園児も次第に30分間
集中力が途切れることなくきちんと正座をし背筋を伸ばして
話を聞けるようになったそうです。
当然園児達の日常の行動も変わってきますね。
幼いながらいいと思うものは肌で感じ吸収してる様子が記事から伝わってきます。
実際の人物を紹介し道徳観、倫理観を織り交ぜながら聞かせるのは
いい方法だと思います。
長い歴史を持つ日本には手本となる人はたくさん居ますから
そう偉人が尽きる事はないでしょう。

その一方では学童保育に携わってる友人が年々入ってくる子供たちが猿以下に
なって手がつけれない、少しでも注意をしようものならクレーマーな親が
理不尽な要求をしてくると嘆いてました。
また逆に保育園に通わしてる友人曰く叱って欲しい時に先生は親の顔色を伺って
叱りもしないのは困ると聞きます。
どちらも履き違えた多大な人権を大人が
子供に押し付けてるのが要因だと思います。
大人たちの何処からか横槍が入った時に対峙し向き合う自信のなさが
結局子供に反映させてるのでしょう。

子供たちにとって生きる力が備わるのは前者か後者か一目瞭然です。
全国に寺子屋授業を広めようとされてるようですので期待してます。
こうやって民間の力も借りながら公立の先生方も子どもたちのために
熱意ある指導をぜひ頑張って頂きたいものです。
親の方は誤った世論と称するものに惑わされず、厳しく躾る自信や
大事なお子さんの教育や躾の一端を担ってもらう先生方に敬意を払って
お任せしますで謙虚になることも必要でしょう
その前に尊敬に値しないやる気のない人や偏った人は公立に必要ないですから
とっとと辞めてもらわないといけませんが・・・

三つ子の魂100までと言うように幼い時に形成されたものは後まで響きます。
出来上がったものを再構築するのは容易ではありません。
分別もつかない子供のうちに躾るのと、すき放題にさせた挙句に大人になってから
再構築させるのとどちらがいいか言うまでもないですね。

寺子屋授業について詳しくはこちら(寺子屋モデルHP)

スポンサーサイト

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

思う事:育成 | 12:59:07 | Trackback(0) | Comments(0)
親が学ぶ事
【親学について】・・・提言

教育再生会議 「親学」の緊急提言を見送り<5/11 19:33> 
政府の教育再生会議は、11日に子育てなどの心掛けを示した
「親学」を緊急提言する予定だったが、安倍首相らの反対で見送られた。
親学の提言案は、山谷補佐官を中心にまとめられ、
乳幼児に対して「子守歌を歌い、おっぱいをあげる」
などの心掛けが盛り込まれていた。
しかし、「政府が子育てをマニュアル化するのか」など、
慎重な意見が世論に広がり、再生会議の中でも反対意見が出始めていた。
このため、首相官邸では、安倍首相を中心に対応を検討、
「舌足らずのまま出しても国民に評価されない」として、
一転、公表しない方針を決めた。              (日テレNEWS24)

提言内容
(1)子守歌を聞かせ、母乳で育児

(2)授乳中はテレビをつけない。
5歳から子どもにテレビ、ビデオを長時間見せない

(3)早寝早起き朝ごはんの励行

(4)PTAに父親も参加。子どもと対話し教科書にも目を通す

(5)インターネットや携帯電話で有害サイトへの接続を制限する
「フィルタリング」の実施

(6)企業は授乳休憩で母親を守る

(7)親子でテレビではなく演劇などの芸術を鑑賞

(8)乳幼児健診などに合わせて自治体が「親学」講座を実施

(9)遊び場確保に道路を一時開放

(10)幼児段階であいさつなど基本の徳目、
思春期前までに社会性を持つ徳目を習得させる

(11)思春期からは自尊心が低下しないよう努める

引用ここまで                                         

提言の内容については、
改善の余地もあるんでしょうが、決して悪い内容ではないですし
提言の中には自治体や地域が協力しなければ
実現できないものもありますし、子育てに関りのない方々にも
意識の活性に繋がるんじゃないでしょうか?

決して『親学』なる提言を示唆するのは悪い事ではないと思います・・・が
今回政府は提言を見送ったようです。
世論を意識するのは大事でしょう。
しかし、世論ばかり意識しすぎると、
腰の座った方針を決める事が出来なくなります。
折角教育再生会議を立ち上げたんですから
政府はもっと自信をもって進めてほしいものです。

世間にはこんな事言われなくてもと反対されてる方もいらっしゃるようですが
この提言は
言われるまでもなく、完璧にこなされてる方や
良いとわかっていてもやれない事情の方のためのものではなく
こんな事今さら人には聞けないって困ってる方や、
誰にも頼れず人知れず子育てに悩んでる方や、
ちょっと試してみようって思ってる方に向けたのでしょう。・・・たぶん
それに給食費や保育料を払えるのに滞納してるような保護者の中に
言われて初めて気付く人もひょっとすると居るかもしれないですし
・・・と言う具合に世の中色んな価値観の人が居ます。
批判される方は、そう目くじらたてずにもっと大きな目でみては
只、この提言が法律になり、やらなければ罰則が生じるとなれば
話は別です・・・が、これは単に出来れば望ましい程度な事でしょうから
提言だけでは誰も不都合は感じないと思いますけど・・・

もう一つ補足しますと
提言自体無意味な人たちも居ます。
例えば・・・
ヘルメット収納に子供を入れて死なせたり、
自分の子に万引きを強要したり
親として最後の手続きすら放棄して
匿名をいい事に3歳児を赤ちゃんポストへ捨てる親や
それらに準じる予備軍の親たちは問題外です。
こんな親たちにとっては、なまぬるい提言じゃ利きゃしません。
別枠で対処する仕組みを早急に作って頂きたい。
仮に、モラルや罪悪感もなく何度も繰り返されちゃ生まれてくる子たちや
社会にとっても悲劇です。
法で縛ってでも『親学』以前に『人学』から叩き込んでほしいです。

 親が学ぶべき事は?・・・

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

思う事:育成 | 19:31:32 | Trackback(0) | Comments(2)
またですか?
【学力テストについて】・・・訴え

学力テストを9人“拒否”、京都地裁に仮処分申請
全国の小学6年、中学3年を対象に、
24日に実施される文部科学省の「全国学力テスト」について、
京都市、京都府京田辺市の市立小中学生計9人が16日、
テストでの生活習慣に関する調査はプライバシー侵害で
個人情報保護法に違反するなどとして、
両市に対し、自分たちへのテストを実施しないように
求める仮処分を京都地裁に申し立てた。テストを巡っては、
愛知県犬山市が不参加を決めたほか、
教職員組合が中止を申し入れるケースが相次いでいるが、法的な訴えは初めて。
国語と算数(数学)の学力テストのほか、
テレビの視聴時間や家庭にパソコンがあるかどうか、といった調査も実施される。
採点集計は民間企業が行い、国がデータを収集、保有する。  
申し立てでは、テストは国が教育へ不当介入するのを禁じた
教育基本法に反するとし、「特定の個人を識別できる情報が膨大に収集され、
そのまま民間企業に流されることになる」と指摘、
違法な個人情報の取得にあたるとしている。
京都市は「個人情報の保護には万全を期している」、
京田辺市は「コメントできない」としている。      (2007年4月17日 読売新聞)

引用ここまで                                           

はぁ~、何ですと
これまた手前勝手な自己主張に精を出してる
せんせい方や保護者が居るもんです。
現状を把握させないで、『学校を何とかしろ!学力低下をなんとかしろ』
ってお題目ばかりでは仕方がないと思いますが
データをとって分析してからこそ見えてくるものもあるってもんです。
それらをたたき台にして話し合えば
より一層具体的に学習要領も組みやすくなると思います。
どこでもデータの調査分析は重要にしてるように
明日を担う子供たちの現状を把握する事は決して悪とは思いませんけど
取り合えず何でも批判だけしとけじゃ
何時までたっても絵に描いた餅から抜け出せないですから
公から給料を貰って平然と我儘を言ってるせんせい方も
これぐらいは協力されたらどうです?

それからテレビの視聴時間やパソコンの有無を調べるのが
プライバシーの侵害とはとても思えません。
この程度の事なら街頭で聞かれりゃ『はい、いいえ』ぐらいは
答えられますから
所詮この程度の事をプライバシー侵害なんて言ってたら暮らせやしませんよ。

それでも100歩譲ってプライバシーを十分配慮するようにって言う主張なら
分らないでもないですが全面的に拒否って言うのは如何なものかと
本気で学力低下や諸々の学校問題に
取り組むつもりがあるのか甚だ疑問に感じます。

勿論思想や心情で拒否したい人は居るでしょうから
休ませるなりして静かに拒否をすればいいだけなのに
声を大にして、しかも訴えるなんて・・・
何が何でも自分の主張を押し通そうとする
姿勢にはうんざりします。
まるで玩具やお菓子を買って貰うまで泣き喚く
子供のように見えてしまうんですけど・・・

公立は文字通り公の場所、多少自分の思い通りにならなくても
大多数が受け入れて、余程非常識な事でなければ概ね協調すべきです。
それが嫌ならばそれなりのリスクを背負い対価を払って
意に沿うようにするしかないと思いますよ。
私立に行かせるなり、ご自分で全て教えるなり方法は幾つかありますし

あ・そうそう幸い何でも批判や拒否をするせんせい方もいらっしゃるようですから
合致した思想、信念、主張をお持ちの保護者とせんせい方が
自分たちの思い通りに描く学校を作られては如何でしょう?
双方共に有益な事だと思います。
公立に通わせながら、勤めながらでは矛盾を感じさせます。
ここらでスッキリさせれば賛同者も増えるかもしれないです。
只、権利を主張するだけのせんせい方が
今の安定した地位を捨てる覚悟があればの話ですけどね。

兎も角あれもこれも嫌って権利を主張するのは勝手ですが
大多数の人たちの足を引っ張るのだけは止めて貰いたいものです。

 真の教育者に光あれ・・・

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

思う事:育成 | 17:19:00 | Trackback(0) | Comments(4)
給食費に保証人!
【給食費について】・・・保証人制度

給食費滞納、宇都宮市が確約書配布…「保証人」に苦情も
宇都宮市教委は、市立小中学校93校に通う児童・生徒(約4万人)の
保護者全員に今年度から「給食費納入確約書」の提出を求めることを決め、
書類の配布を始めた。
支払いが滞った場合に備えて連帯保証人も求めており、
保護者からは「きちんと払っているのに保証人まで必要なのか」など
と苦情が寄せられている。  
確約書は市長あてで、「私は、学校給食費を納入期限までに
納入することを確約します」という内容。
連帯保証人については住所、氏名、電話番号を記すほか、押印も求めている。  
昨年5月現在、同市で2001年度~05年度分の給食費について
滞納がある人は、702人で、滞納額は約3289万円。
昨年9月以降、悪質な滞納者に対して簡裁への支払い
督促の申し立てなどを行った結果、
今年2月現在、滞納は446人、約2414万円に減少した。  
しかし、06年度も新たな滞納があり、
市教委は「保護者の意識を高めるため」と確約書を求めることにした。
ただ、「給食費を払っているが、保証人の選定は難しいという場合は、
個別相談に応じるよう校長にお願いしてある」という。
保証人の記入欄がある確約書を求める方法は、
長野県伊那市教委が05年度から行っている。
(2007年4月12日0時23分 読売新聞)

引用ここまで                                          

こんなに事が大きくなってるのにも関らず
まだ支払わないとは・・・もう給食停止でもやむおえないのに
身勝手な保護者たちに気を使い どこまで擁護しなきゃならんのでしょう。
教育委員会のぬるい対応は見ていてもどかしくもあります。
只、強硬に出ればマスコミ等の間違った誘導で
世論からの反発や訳の分らない団体からの圧力もあるかもしれないでしょうけど
教育委員会はそれらに屈せず事の本質を良く見極めて対処して頂きたいですね。
所詮教育委員会に何を言っても無駄なんて言われないよう
もうちょっと腰を据わらせて力入れてくださいませ。
筋が通っていればきっと支持されますから
先生方しっかりお願いしますよ!

本来こう言う制度は滞納してる人たちだけに向けられるべきでしょうが
滞納者のみの対象にすると、
支払わない人に限って自分の事は高い棚に上げまくり
やれ差別だの人権侵害だのと言いかねないです。
理不尽でもこう言う形にしなきゃならないって
ちゃんと支払ってる大多数の人にとっては迷惑な事です。
払えるのに払わない人たちは多くの人に迷惑をかけてるのだから
少しは自覚を持って欲しいもんです。

それにしても人様に迷惑をかけないって言うのが
日本人の美徳だったはずなのに
もう失われつつあるんでしょうか・・・?

給食費について過去記事です。
こちら1
こちら2
こちら3・・・も良かったら見てやってください。

 プチっと筋を・・・

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

思う事:育成 | 10:08:49 | Trackback(0) | Comments(8)
恥の概念
【過保護について】・・・自立

【溶けゆく日本人】シュガー社員 ツケを払うのは会社
「シュガー社員」-。
札幌市の社会保険労務士事務所所長、田北百樹子(ゆきこ)さんは、
過保護に育てられ自立心に乏しい社員をそう呼ぶ。
「甘い=砂糖」の意味を込めたネーミングだ。
きっかけは、労務相談で耳にした人事担当者らの悲鳴だった。
「繁忙期に残業すると、『なぜ残業させるのか』と親から電話がくる。
中小企業では、親が会社に文句をつけてくるのも
驚くべきことではないのかもしれません」  
ある機械販売会社に勤める20代の女性社員は、
あまりに仕事の進みが遅く、ミスも多かったため、
上司から時間の使い方を注意された。
「親にさえ叱(しか)られたことがない」
女性社員は急に怒り出し、翌日から出社しなくなった。
「本人が辞めたいと言っていますので…」。
数日後、会社に電話してきたのは母親だった。
「学校を休むのと勘違いしている」(田北さん)。
結局、本人からは何の挨拶(あいさつ)もなく、
備品の返却や必要な退職手続きは、すべて母親が“代行”した。
その姿は、自立した社会人像とはほど遠い。
こんな事例もある。
~抜粋~                                SankeiWEB

 詳しくはこちら

引用ここまで                                         

ま~あ、なんざんしょ。
知らない間に世の中ここまで来たんかいな!
過保護の親は古今東西何時の時代も居ますが
ちょっと前までは親がやってあげるって言っても
『恥ずかしいから・・・』って自立して行ったもんですけどねぇ~
それが親にお任せって・・・どうやら今時は子供の方も恥ずかしくないようです。
これが世の中の流れとして容認されつつあるんなら
なんとも弱々しい世の中になったもんです。
でも、もしそうであってもまだまだ少数である事を願ってます。

ところでシュガーっ子の親は子供をどうさせたいんでしょう。
まっ、間違いなく自立させる気はさらさら無いように見えますけど・・・
で、一方お子ちゃまの方は知識も経験も乏しいのに
何でも出来るって錯覚しちゃってますよ~・・・きっと
努力も忍耐も責任能力もないのに何でも出来る訳ないつーの。

当然お子ちゃまの親は老いて足腰が立たなくなっても
子供に面倒見てもらおうなんて思ってないですよねぇ~
今すらお子ちゃまは自立もままならない親任せなんだから
これからもこの調子で行くと親を見るなんてとんでもないです。
気がつきゃ、親のすねはもう食べるとこがないぐらい食べ尽くされ
そのうち親自身の自立さえ困難になるかも・・・

まっ、それも大きなお世話で、そうなったらそれも本望でしょう。
存分に『よちよち』で過保護にするのはお好きにどうぞ・・・ただ
社会の和を乱さないように、それだけは教えといて下さいな。

そしてもう一つくれぐれも教師にだけはさせないで欲しいもんです。

 プチっと希望の光を・・・

テーマ:社会人の勉強 - ジャンル:学校・教育

思う事:育成 | 11:08:53 | Trackback(0) | Comments(5)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。